menu
バックナンバー 2016年 12月

昨日(12月7日)、登壇しました。
 
今回の内容は、以下の通りです。
 
1.松戸駅改札内バリアフリー化工事について
 伊東:多くの方々が待ち望んでいる松戸駅改札内のバリアフリー化工事(エスカレータ、エレベータ設置工事)が「28年度下期から工事着手」と6月議会での答弁であったが、今日現在工事着手されていない。いつになったら工事着手されるのか。
 市:JRからは「工事変更に伴う最終調整を行っており、早期工事着手を目指している」と回答を得ています。早期実現が図れるよう、年内には市長が直接JRへ赴き、要望して参ります。
 伊東:話が後退している。市長がしっかりと要望し、実現に向かって努力していただきたい。
 
2.松戸駅東口のエスカレータ設置について。
 伊東:松戸駅西口ではエスカレータ工事が開始され、喜びの声を頂いている。合わせて「東口はできないの」との声も多い。東口にもエスカレータを設置していく考えはないか。
 市:「松戸駅周辺再開発まちづくり基本構想」の中で、エスカレータの検討や、バリアフリー(ヨーカ堂までの段差解消)について、検討して参ります。
 伊東:「・・・基本構想」の中での検討では時間がかかってしまう。一日でも早く実現できるよう努力してもらいたい。
 
3.浸水対策として栄町西二丁目排水機場と同様のポンプを設置する考えはないか。
 伊東:栄町西二丁目排水機上に設置されたポンプは「ゲートポンプ」というタイプで非常に効率よく排水ができ、優れたポンプである。市内各所での浸水対策として、同様のポンプを設置していく考えはないか。
 市:「ゲートポンプ」は軸流ポンプで効率が良いが、水門に設置することから制約があります。多くの河川はフラップゲート(逆流防止弁)式であるため、堤防(壁面)に直接設置する「壁ポンプ」なども視野に検討して参ります。
 伊東:「壁ポンプ」などの新技術を採用し、さらなる対策を進めてもらいたい。
 
4.小中学校の支援として、合奏などで全国大会出場校に森のホール21を練習会場として提供できないか。
 伊東:「各種音楽コンクール受賞記念演奏発表会」が11月5日に森のホール21で開催され、合唱に2校、合奏に4校が参加した。このように全国大会で活躍する学校が多い中、合奏では全国大会出場時に練習会場を確保することに苦労していると聞いている。このため、森のホール21を練習会場として無償提供していくことはできないか。
 市:市条例により、小中学校が森のホール21を使用しても無償とはなりません。また10月下旬に「松戸市小中学校合同音楽会」を森のホール21で開催し全国大会に出場する学校の練習時間も確保しております。大会への参加費用、交通費、宿泊費などの支援も行っております。
 伊東:一つの部活動に特化した支援は難しいことを認識している。すべての子供たちへ、さらなる支援を頂けるよう、ご努力願いたい。
 
 松戸駅改札内のエスカレータ・エレベータ設置工事の遅れに関しては、腹立たしいものがあります。
今回、私の質問に市長が直接赴いて要請してくるとの答弁がありました。市長も私と同様の思いなのでしょう。
一日も早い工事着手・完成を望むものです。
それまで、全力で取り組んでまいります。 

松戸市議会が明日より開会となります。
今回は市長より15件の議案が提案される予定です。
 
私(伊東)は、明日12月7日に一般質問に立ちます。
順番は7番目なので登壇時刻は3時ごろではないかと思います。
 
質問内容は以下の通りです。
1.松戸駅改札内バリアフリー化工事について
2.松戸駅東口のエスカレータ設置について。
3.浸水対策として栄町西二丁目排水機場と同様のポンプを設置する考えはないか。
4.小中学校の支援として、合奏などで全国大会出場校に森のホール21を練習会場として提供できないか。
 
頑張ります。

Twitter
Twitter
外部リンク
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp