menu
バックナンバー 2013年 12月

本日(12月10日)、12月議会の一般質問が終わりました。33名の議員がそれぞれ登壇しました。

私は12月5日に登壇し、以下の内容について質問しました。

 

伊東英一の質問概要と、答弁についての概略は下記の通りです。

 

1.台風26号による被害対策について

 ①坂川流域での対処方法は?(坂川流域とは松戸市西部、江戸川沿いの低地部分です)

   → 江戸川の水門が閉鎖されたため、ポンプアップによる排水を行いましたが、ポンプ能力以上の降雨であったために被害が発生してしまいました。今回、河川管理者である県に対してポンプの能力増強などの要望書を提出しました。今後も継続的に要望して参ります。

 

 ②春木川流域での対処方法は?(春木川流域とは松戸市東部、八柱・常盤平地域です)

   → 春木川の河川改修を精力的に進めています。しかし、川の流下容量に限界があるため、貯留させることが重要となります。八柱霊園に貯留施設を設けるよう東京都に要望しており、前向きに調査していくとの回答を得ています。

 

 ③大津川流域での対処方法は?(大津川流域とは松戸市北部、六実・六高台地域です)

   → 上大津川の改修を柏市内で行うことにより、河川の機能向上を図って参ります。

 

 ④市川ポンプ場が揚水停止したことについて

   → 市川ポンプ場が停止すると、市内の下水道が使用できなくなることから、市民の方々へ今後も適切な情報提供に努めて参ります。

 

 ⑤河川の水位表示

   → 江戸川系統は「江戸川工事基準面」を用いています。

 

 ⑥浸水マップの作成状況

   → 床上・床下浸水があった場合に公表しています。適時、浸水状況を公表して参ります。

 

2.これまで進めてきた浸水対策の進捗状況

 ①稔台交番前付近の進捗状況

   → 事業主体となる千葉県と松戸市において基本協定の締結に向けて準備を進めています。

 

 ②神田川上流雨水貯留池の調査状況

   → 台風26号の調査時、比較的早くに貯留池へ流入していることを確認しました。改善に向けて検討して参ります。

 

3.江戸川河川敷グラウンドのトイレ整備

   → 市内スポーツ施設のあり方について再検討しいている中で、水洗トイレ設置に向けて検討して参ります。

 

4.ハクビシンの駆除

   → 無償でオリを貸し出し、捕獲できたハクビシンは無料で引き取っています。

 

5.農業振興

 ①松戸市産農産物の安全性について

   → 11月20日に「ゆず」の出荷自粛が解除となり、市内の全ての農産物について安全性が確認されました。「松戸市産農産物の安全宣言」をさせていただきます。

 

 ②農家の育成と農業振興策について

   → 地域再生戦略の中で農商工連携の新製品開発に対する補助を創設しました。また、農作業の効率化についての支援策を講じて参りました。農業生産法人等の設立も視野に入れて対応して参ります。

 

 

12月12日より各委員会での審査が行われます。

私は12月16日10時より開催される、教育環境常任委員会に副委員長の立場で望みます。

 

12月19日は本会議最終日で、各常任委員会での審査結果を受け、最終採決が行われる予定です。 

今日(12月3日)、松戸市議会12月定例会が開会しました。

1日目(12月3日)、議案提案の説明が市長よりありました。

議案の主な内容は、

①東松戸駅前の旧市立病院建設用地を土地開発公社からの買い戻し

②市民劇場、市民センター、自転車駐車場、各体育館の、指定管理者の指定

③市立病院の7対1看護体制確立のための職員定数条例の改訂

④消費税率引き上げに伴う各関係条例の改定

など、です。

また、9月議会より継続審議となっている「住民投票条例」も今議会で結論を出さなければいけません。

 

2日目(12月4日)より一般質問がはじまり、私は12月5日の5番目(午後2時頃)に登壇予定です。

 

日程

12月3日、議案提案説明

12月4日~10日、一般質問

12月12日~17日、各常任委員会審査

12月19日、本会議(採決)

Twitter
Twitter
外部リンク
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp