menu

今日(5月28日)、公明党の8名で、旭市にある旭中央病院の視察に行ってきました。

総病床数956床、約1900名の医療関係者が働いております。

医療圏は半径30km、千葉県東部から茨城県南部までの広域にわたる、重要な医療機関です。

1400台ある駐車場は、常に満車状態で多くの方が利用されていることがわかります。

昨年5月に開院。東日本大震災の時は会員前の準備でスタッフの方が働いていたそうですが、免震構造のため地震に気づかず、周りの様子から地震を知ったそうです。 

この旭市でも津波により亡くなられた方がおられます。ご冥福をお祈りいたします。

 

全体としてとてもきれいで広々しており、入院されている方の食料を3日分確保していること、非常用発電設備により約3日分の電力も確保できることにビックリしました。

 

右の写真は3日分の食料を保管している大きな冷蔵庫内の様子です。

大きなトレイごと冷蔵庫に保管されており、3日前に作ったものを出していくシステムだそうです。

 

右の写真は免震構造部です。中央部分はゴムになっており触ってみるととてもやわらかかったです。

松戸市立病院でもぜひこのような免震構造を採用してほしいものです。

 

 

全てにおいて最新技術を取り入れているという印象でした。

これまで横に長い動線だったものに、縦の動線(エレベータ)を採用することにより、機能的な配置にすることができたそうです。

1階受付は広々としたガラスと吹き抜けにより、開放感あふれるデザインとなっています。(患者さんがいらしたので写真を撮れませんでした) 

 

また、経営状態も黒字とのこと。ビックリです。

 

松戸市立病院と一概に比較することはできませんが、東葛医療圏を担う病院として市民や多くの利用者の方々が安心できる病院を建設していかなければなりません。

今日の経験を生かし、松戸市立病院の建設に活かしてまいります。

 

最後になりましたが、ご案内いただいた旭中央病院の皆様、旭市議会議長様、議会事務局の皆様、本当にご丁寧にご案内いただきありがとうございました。今日の視察を今後の議会活動(松戸市立病院建設)に活かしてまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp