介護ロボットを導入している特別養護老人ホームを訪問し、活用状況等についてお聞きしました。
介護職員の不足や、介護職員の高齢化が進む中で、負担軽減や業務の効率化のため、さらに被介護者のメンタルケアや見守りのために介護ロボット導入の必要性が高まっています。価格が高いなどの課題がありますが、超高齢化社会を乗り越えるためには介護ロボットの活用が欠かせません。県としても介護ロボット活用の支援をしていく必要があります。
写真はサスケと呼ばれる、ベッドと車いすの間を抱き上げるように移乗させることのできる介護ロボットです。簡単な操作と安心感のある移乗方法で移乗時における介助者、被介助者双方の負担の軽減を目指しています。
DSC_2280

本日、平成30年2月定例県議会が開会しました。
今議会では、1兆7288億円の平成30年度予算や、いくつかの条例案等の審議を行います。公明党からは、2月22日に阿部県議が代表質問で、2月26日には仲村県議が一般質問で登壇します。写真は千葉県庁です。
DSC_2261
       

千葉県骨髄バンク推進連絡会の皆様より、骨髄移植におけるドナーへの支援制度の拡充について要望をお受けしました。
現在、千葉県や県内のいくつかの市で、ドナーやドナーが就業する事業所に助成金を交付する等の支援制度がスタートしています。千葉県骨髄バンク推進連絡会によれば、日本では毎年約10,000名が白血病や再生不良性貧血という重い血液の病気を発病、薬で治癒しない約2,000名が骨髄移植を希望していますが、希望した患者さんの60%しか移植を受けられていないとのことです。
患者さんを救うためには、今後も一人でも多くの方のドナー登録が必要なことから、ドナー登録を進めるための支援制度をさらに前進させていきます。DSC_2234

農林水産常任委員会の県外調査で佐賀県畜産試験場を視察しました。
佐賀県では「佐賀牛」が有名で、全国的なブランドとなっていますが、30年ほど前に販売開始をしたころは「神戸牛」や「松坂牛」に知名度では負けていました。そこで県、JA、飼育農家など関係者が一体となって、知名度アップに取り組んだ結果、全国に名が知られるようになったとのことです。千葉県も千葉県産の農林水産物のブランド化に取り組んでいますが、佐賀県の取り組みを、ぜひ参考にしたいと思います。
DSC_2173

公明党千葉県本部にて一期議員研修会が開かれました。
先輩議員が講師となり、一期生議員に対して議員活動への心構えや自治体財政などについての研修を行いました。この研修は議員としての基礎知識を習得するとともに、公明党議員としての精神を学ぶ千葉県本部伝統の研修です。DSC_2155

公明党千葉県本部の「新春の集い」が千葉市で開催されました。1000名を超える皆様にご臨席を賜り盛会となりました。本当にありがとうございました。
多くの皆様から、公明党への期待の声を頂戴しました。千葉県内の159名の公明党議員が団結して、皆様の声に応えてまいります。
IMG_9964

明けましておめでとうございます。
新しい年がスタートしました。今年も公明党のネットワークの力を発揮しながら、様々な課題の解決に取り組んでまいります。
20180116234914

12月定例県議会の一般質問に登壇しました。
質問の概要は下記の通りです。
・デマンド交通等の交通弱者対策について
・横断歩道等の道路標示の維持管理について
・生活困窮者自立支援制度における相談支援への支援について
・児童相談所の機能強化について
・障がい者施設等からの物品・役務の調達件数のアップについて
・千葉県公立高等学校奨学のための給付金支給までのつなぎ融資について
・旧古ヶ崎浄水場跡地の活用について
・シニア世代の地域貢献事業への支援について
・がん連携拠点病院への支援について
 等です。千葉県議会のHPで録画中継がご覧いただけます。
DSC_6820

9月定例県議会がスタートしました。
医療的なケアが必要な児童を受け入れるための保育所への助成や、私立の幼稚園教員の処遇改善事業、県民生活の安全安心のための防犯カメラ設置事業等を実施する補正予算案などの審議を行います。
常任委員会は、今議会より農林水産常任委員会に所属します。千葉県は全国屈指の農林水産県であり、農林水産業の更なる発展と、全国の消費者に新鮮でおいしい千葉県産の農林水産物を届けるための施策の実現に尽力していく決意です。
290916DSC_1532

松戸駅でのエレベーターやエスカレーター整備を行うバリアフリー化工事がようやくスタートすることになりました。乗降客も多く、千葉県の玄関口の一つでもある松戸駅ですが、残念ながらバリアフリー化が遅れており、駅を利用する皆様から早くバリアフリー化を進めてもらいたいとの声が届いていました。その声に応えるため、多くの関係者が努力を重ねた結果、ようやく一歩前進致しました。私自身も、たびたび議会でも訴え、さらにJR東日本本社に直接訪問し、実現を強く求めるなど取り組んでまいりました。今後はさらに駅周辺の活性化にも取り組んでいきたいと思います。
松戸駅

Twitter
フェイスブック
秋林 貴史
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
メールマガジン登録

《携帯の方》

秋林たかしメルマガ登録(モバイル)

《パソコンの方》

ブログバックナンバー
関連リンク
サイト管理者
千葉県 秋林貴史
akibayashi@tbt.t-com.ne.jp