生活道路や通学路での交通安全対策の要望を多く受けます。その一つに、ランドセルを背負った子供達の横をスピードを落とさずにトラックや乗用車が走り抜けていくので大変に危険、怖いとの声があります。
そこで持ち運びができる新型オービスの導入に取り組んでいます。先の代表質問での私の訴えに対しての県警本部長の答弁要旨は下記の通りです。

「いわゆる新型オービスは、高速道路や国道に従来から設置されている固定式のオービスとは異なり、通学路や生活道路における交通安全の確保等を目的とした、小型で持ち運び可能な速度違反取り締まり装置です。新型オービスの導入につきましては、すでに導入している他県における取り締まり効果などを調査しましたところ、少人数、省スペースで設置可能であり、設置場所における路線の車両速度が減少するなどメリットが認められていることから、千葉県におきましても導入に向けて、関係各機関と調整を図ってまいりたいと考えています」

速やかな導入に向け、さらに訴えていきます。

コメントは受付けていません。

Twitter
フェイスブック
秋林 貴史
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
メールマガジン登録

《携帯の方》

秋林たかしメルマガ登録(モバイル)

《パソコンの方》

メルマガ登録はこちらから

ブログバックナンバー
関連リンク
サイト管理者
千葉県 秋林貴史
akibayashi@tbt.t-com.ne.jp