超党派の国会議員でつくる「優生保護法下における強制不妊手術について考える議員連盟」主催の勉強会に参加しました。
昭和23年に制定された旧優生保護法のもとで、平成8年に改正されるまでの間に、知的障がい、精神障がい、遺伝性疾患等を理由に多くの方に本人の同意のない強制的な不妊手術が行われたとされています。当時の手術の実態は明らかになっておらず、資料の保管も不完全です。
不妊手術を強制された被害者には、結婚が破談になった方や子どもを産み育てるという夢を奪われた方がいます。被害者の人権を回復するための支援を考えなければなりません。
300510DSC_2588

コメントは受付けていません。

Twitter
フェイスブック
秋林 貴史
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
メールマガジン登録

《携帯の方》

秋林たかしメルマガ登録(モバイル)

《パソコンの方》

メルマガ登録はこちらから

ブログバックナンバー
関連リンク
サイト管理者
千葉県 秋林貴史
akibayashi@tbt.t-com.ne.jp