あきる野市議会議員 増﨑としひろのホームページ

未来をひらく 実現力!

【解説】軽減税率Q&A

公明党・公明新聞 / 2019年9月16日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

いよいよ消費税率10%への引き上げと軽減税率の実施まで2週間ちょっととなりましたね。近づくにつれマスコミが報道する頻度も高くなっている気がします。ただ、公明党が主張した軽減税率についてはご批判もあるようです。
以前にも書いたかもしれませんが、軽減税率は「生活減税(生活者のための減税)」と考えていますので、必要な制度だと思っています。
以下は、公明新聞9/15付に掲載された記事です。参考までに。

1568643962995

恐竜展とラグビーW杯

ますざきアクション ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2019年9月15日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

HQPC8284活動の合間にあきる野東急へ寄ってみたら、な、なんと「遊べる恐竜展」が開催されていましたぁ。
恐竜へのエサやりができる恐竜やレバー操作で動いたり吠えたりする恐竜、棒で触ると怒り出す恐竜など3体の恐竜が登場。化石探しもやっていましたよ。
参加の子どもたちは、泣いたり笑ったり驚いたり…明日まで展示だそうです。

IMG_E3948そういえば、本日の公明新聞1面の記事。ラグビーW杯日本大会が来週開幕です。9/20〜11/2まで。
私が初めてラグビーを生で見たのは豪州のラグビーリーグ。面白かったなぁ。燃えますよ~(>_<)
日本でやってるルールと若干違ったんですが。とにかくラグビーW杯、かなり楽しみにしています!!

10月からいよいよスタート~幼保無償化

公明党・公明新聞 / 2019年9月14日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

9/13(金)付公明新聞に掲載されていた漫画を転載します。やっぱり漫画だと分かりやすいですよね(^_-)-☆

IMG_E3950

幼保無償化特設サイト

お知らせ ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2019年8月25日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

無題

画像をクリックすると、特設サイトへとびます!

10月から幼保無償化が始まります。それに合わせて、内閣府が特設サイトを公開しました。
いや~先日の市役所での事前説明会の際、自分はどうなのかシミュレーションできるものは作れないか?国にその予定は?とのやり取りをしていたところでした。

サイトでは、ご自分のお子さんの場合はどうなのかシミュレーションができる他、制度早わかり表、申請が必要なケースなどを紹介しています。また、政府は電話相談窓口も開設しました。公明新聞に記事がありましたので、転載しておきます。

1566479907579

終戦記念の党アピール~平和と安定の時代へ

公明党・公明新聞 / 2019年8月15日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

本日、74回目の終戦記念日となりました。公明新聞に終戦記念日に寄せて党アピールが掲載されておりましたので転載します。
私も全ての戦没者の方々の御冥福を祈り、不戦の決意と平和への誓いを新たにしました。

IMG_E3733

本日、令和になって初めての終戦記念日を迎えました。

先の大戦で犠牲となられた内外の全ての方々に謹んで哀悼の意を表すとともに、ご遺族ならびに今なお深い傷痕に苦しむ皆さまに心からお見舞いを申し上げます。

また、74回目となるこの日を、令和を平和と安定の時代にするための新たな出発点としていくことを皆さまにお誓いします。

私たちは、かけがえのない多数の生命を奪い、多大な損害を与えた戦争を深く反省し、戦後は不戦と平和への貢献を掲げて努力してきました。その結果、日本は世界から平和国家としての信頼を得るまでになりました。この信頼を高めるため、国際社会の中でさらなる努力を続ける必要があります。

しかし、現在の国際情勢は、世界各地で対立や分断、紛争が絶えず、強い緊張感に覆われています。対立や紛争を悪化させた理由として、自国の利益ばかりを優先させる自国中心主義的な動きや、ポピュリズム(大衆迎合主義)による排他主義が指摘されています。こうした傾向は、人類が長年の歴史的経験と英知によって生み出し、特に、第二次世界大戦後に広がった「多国間協調」「対話による平和志向」の大きな流れと逆行する動きです。

この中で、日本のめざすべき道は、粘り強い対話によって多国間協調の実績を積み上げていくことです。それが憲法の「恒久平和主義」と「国際協調主義」の精神であると確信します。

特に、戦前の日本が軍国主義の下で植民地支配と侵略を行ったアジア・太平洋地域の諸国に対しては、その歴史を忘れず、また地域全体の協調を考える広い視野をもって、平和のために何ができるかを常に模索し続けることが大切です。

平和の最重要課題に核廃絶があります。2017年7月に国連で核兵器禁止条約が採択されました。公明党は、核兵器を違法とした同条約を画期的な国際規範であると評価します。その上で、同条約に反対の核保有国と非保有国と対話ができる環境を整え、その対話によって核廃絶に向けた具体的な核軍縮を進めるための共通の基盤を探ることが重要だと考えます。そのために、双方の橋渡し役を日本こそが担うべきと訴えています。

一方で、殺人ロボットとも呼ばれる自律型致死兵器システム(LAWS)の規制論議が国連で大詰めを迎えています。いまだ完成していない兵器を規制するという難しい問題です。公明党は他党に先駆け、この問題に取り組み、法的拘束力のある文書の策定を将来的には視野に入れつつ、各国の開発状況に関する情報の透明化を図るなど現実的な規制を実現させるよう政府に求めています。

さらに、戦争の温床となる貧困や人権侵害との戦いも不可欠です。そのために、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に全力を尽くします。

公明党は、これからも平和のためにあらゆる分野で行動し、貢献していくことを重ねてお誓い申し上げます。

2019年8月15日

公明党

バリア解消へ向け

ますざきアクション 公明党・公明新聞 / 2019年8月10日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

TUTP7361午前中、相談者家族と担当職員、増﨑とで課題解決のため数か所を現地立会いしました。
車イスで移動する際のバリア解消に向け協議をしました。何としても善処したい!!

小さな声を聴く力!!公明議員の役割です(^o^)/

今朝の公明新聞に、山口代表が長崎の平和祈念式典に出席したとの記事がありました。

IMG_E3696

8.9~74回目の長崎原爆の日

ますざきアクション ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2019年8月9日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

KAIL9327今朝は、東秋留駅にて朝のご挨拶と通信配布をしました。
受け取ってくださった皆様、本当にありがとうございます。写真撮影は、いつものM田氏。暑い中、いつもありがとうございます!今日も予報どおりの猛暑。熱中症に気をつけながらの活動でした。

そういえば、本日の公明新聞に私「増﨑俊宏」の名前を掲載していただきました。

IMG_E3687監査委員(議会三役)に選出されたとの記事ですが、8.9長崎原爆の日に掲載していただいたことに、長崎出身者として不思議な意味を感じました。編集者側も全く意図していなかったと思いますので。
また、同日付聖教新聞には、長崎にいる親類(義姉、甥っ子や姪っ子たち)も掲載されていましたし。ますます不思議な思いがしました。

決意新たに頑張ります!!ヽ(^o^)丿

日韓関係について

ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2019年8月2日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

本日、日本政府が閣議で、対韓輸出優遇の見直し、韓国をホワイト国から除外するとの決定がなされたようです。
これは、アジア各国やASEAN諸国の中で韓国だけに与えられていた優遇措置が撤回され、韓国は他のアジアの国と同等になるというもの。
他の国同様の手続きを踏めば輸出できるわけで、「禁輸措置」というのは事実に反していると思います。

ここでこの問題に関する「NHK解説委員室」の記事(7/19付)の一部を転載します。どういう経緯でこうなったのか分かると思います。

「今回の措置について日本側はあくまで安全保障上必要な貿易管理の問題だとしています。
安全保障上の貿易管理をめぐっては、日本は欧米各国と同等の厳しい管理を行っていて、食品と木材などを除いたすべての品目について、通常兵器への転用を防ぐための規制を導入しています。
日本政府によりますと、韓国には同じ制度がなく管理体制が不十分なうえ、韓国のメーカーが日本メーカーに対し、短い期間での納品やスペックの頻繁な変更を求めるなど、厳格な貿易管理に支障をきたすおそれのある不適切な取り引きが行われていました。さらにお互いの貿易管理の状況について情報を交換するための協議に、韓国は3年以上も応じていないということです。
このため、今月にはいって、韓国へ輸出する半導体や有機ELパネルの原材料などの3品目について、個別の輸出ごとに厳格に審査する方針に切り替えました。
さらに日本政府は、今後工作機械などより広範な品目についても、輸出の手続きを簡略化する優遇措置の対象から韓国を除外する方針で、輸出企業に対しより厳格な管理を求めることになります。」

ということからすると、日本政府が安全保障上、輸出管理を徹底するのは当然かなと思います。
今回は、半導体の原材料など3つの品目に続く輸出管理の強化で、工作機械や炭素繊維など軍事転用のおそれが高いとして厳しく規制されている品目を韓国に輸出する際は、原則として輸出の契約ごとに個別の許可が必要となるようです。

前日(8/1)の公明新聞には、訪日した韓国の国会議員団が公明党本部を訪れ、日韓関係について意見交換を行ったとの記事が掲載されていました。転載します。

公明党の山口那津男代表は31日午後、東京都新宿区の党本部で韓日議員連盟の名誉会長を務める徐清源氏を団長とする韓国国会議員団の表敬を受け、両政府が対立する課題などについて率直に意見を交わした。斉藤鉄夫幹事長、井上義久副代表らが同席した。

席上、徐団長は「韓日間はいつにも増して難局を迎えている」との認識を表明し、関係改善に尽力する考えを強調。その後、出席した韓国の議員からは、日本政府が輸出管理で優遇措置を講じる「ホワイト国」から韓国を除外する方針の見直しを求める声が相次いだ。

これに対し、山口代表は「友人として申し上げたい」と述べた上で、徴用工問題や慰安婦合意を巡る韓国側の見直しの動きなどを念頭に、「日本国民の多くは失望感を持っている。たとえ政権が変わっても政府間の約束は守るのがルールだ」と指摘した。

輸出管理強化に関する日本側の対応については「禁輸ではない。安全保障上の問題がないようにするものだ」と説明。その上で、問題解決に向けては「韓国大統領府が責任を持って答えを出すべきだ」と強調した。

また、山口代表は「輸出管理の問題を広げず、一つ一つの課題に正面から向き合って解決することが大事だ」と述べるとともに、「日韓の幅広い民間交流に影響を及ぼしてはならない」と訴えた。

一方、超党派の日韓議員連盟と韓国の国会議員団は同日、都内で会談した。井上副代表らが出席した。

「小さな声聴く力」存分に発揮

公明党・公明新聞 / 2019年7月24日

1563924669558

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

昨日の公明新聞に、公明党からの声明文が掲載されておりましたので、ここに転載します。

一、第25回参議院選挙において、わが党は、必勝を期した埼玉・東京・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡の7選挙区で完勝を果たし、比例区は7人が当選、選挙区と比例区を合わせて改選11議席を3議席上回る14議席を獲得し、前回に続き過去最高の結果を勝ち取ることができました。選挙区7議席は、結党以来、旧地方区も含め過去最多に並びます。これにより、わが党の参議院の議席は、非改選の14議席と合わせ、現行の選挙制度の下では初の28議席を獲得しました。これも党として過去最高の議席に並びます。公明党に対して深いご理解とご支援をお寄せくださった国民、有権者の皆さま、厳しい選挙情勢を跳ね返すため、天候不順な中、献身的にご支援を頂いた党員、支持者の皆さま、とりわけ、血のにじむような奮闘で公明党を大きく押し上げてくださった創価学会員の皆さまに、心より感謝と御礼を申し上げます。また、埼玉、神奈川、愛知、兵庫、福岡の5選挙区で公明候補を推薦し、ご支援頂いた自民党の皆さまに深く感謝を申し上げます。

一、令和に改元されて初の国政選挙となった今回の参院選は、新しい時代の日本の針路や国のありようを決めるという重要な選挙であり、自公による安定政権の継続で政策を前進させるのか、野党による混乱と停滞に逆戻りするのかが問われました。わが党と自民党が協力し、与党で改選議席の過半数を上回る71議席を確保できたことは、自公連立政権に対する有権者の皆さまの「信任」と「期待」が明確に示されたものといえます。わけても、わが党の大勝利は、生活者の目線で政策を実現していく公明党の存在感を、連立政権の中でさらに発揮してもらいたいとの強い期待の表れであると受け止めております。

一、わが党は、選挙戦を通じて、教育無償化をはじめとする全世代型社会保障や実感できる景気回復、希望ある“幸齢社会”の構築、防災・減災・復興の推進を訴えてまいりました。わが党に寄せられた有権者の皆さまのご期待にお応えするため、公明党の持ち味である「小さな声を聴く力」を存分に発揮し、全国約3000人の「議員ネットワークの力」をさらに強化して、お約束した政策の実現に取り組んでまいります。公明党に対する国民の皆さまの一層のご支援とご協力を心からお願い申し上げます。

2019年7月22日
公明党

参院選☆公明党全国完勝!!

ますざきアクション ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2019年7月24日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

IMG_E3605全国の皆様の真心からのご支援により、この度の参院選で公明党は全国完勝!!参議院公明党としては過去最多議席に並ぶ28議席を獲得させていただきました。本当にありがとうございましたヽ(^o^)丿

先週から監査委員としての初仕事となる、H30度決算審査が始まりました。参院選の最中であったので、決算審査の事前準備は連日明け方まで。そこから参院選支援・決算準備の連続でした。一時、体調を崩したこともありましたが、昨日、ようやくひと段落(^_^;)

寝不足の日々からやっと解放されまして、今、参院選の全国完勝を味わっています(^_-)-☆