あきる野市議会議員 増﨑としひろのホームページ

未来をひらく 実現力!

世界の経済成長 減速が日本に及ぼす影響注視を

ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2019年1月15日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

会議画像今日は、朝から晩まで会議、打合せ、打合せ、会合終了後に会議と続きました。やることは目白押しですが、待ったなし!自分ができることは全てやり切ろうと決意しました。

さて、1/15付公明新聞「主張」の記事を転載します。持続可能な経済成長が望まれますが、米中関係がやはり気になります(>_<)

世界銀行は8日、「暗雲に覆われる空」と題した「世界経済見通し」(GEP)を公表。今年の世界の経済成長率は2.9%で、昨年6月時点の3%と比べ、0.1ポイント下落すると予測した。

GEPによると、世界の経済成長率はピークの3.1%に達した2017年以降、毎年下がり続け、20年には2.8%に落ち込むという。

気になるのは、緩やかな減速とはいえ、世界の経済成長の鈍化が予測よりひどいものになる恐れもあると、世銀が警戒していることだ。この状況が日本経済にどう影響するのか注視する必要がある。

世界経済の悪化を招く最大の暗雲は、米国と中国の貿易戦争である。両国は互いの製品に高い関税をかけ合い、貿易摩擦が激化している。

特に、中国から輸出されるハイテク製品を米国が高関税措置の対象にしていることは、日本への影響も大きい。

中国はハイテク製品の素材となる電子部品の多くを、日本など他国から輸入している。中国のハイテク製品の輸出が減れば、中国に輸出している日本などの電子部品の生産も減少する。

このためGEPは、世界の輸出入が急減速すると警告している。

また、GEPは、米中貿易戦争で輸出と投資が下振れし、米国の経済成長率は昨年の2.9%から、21年までに1.6%に急落するとの見通しを示している。

米アップル社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が中国で振るわず、同社の株価が大きく下落。部品を同社に提供する日本など各国の企業にも影響し、日経平均株価の大幅な下落をはじめ、世界的な株安を招いたことは記憶に新しい。

一方で、GEPによると、今年の日本の経済成長率は、昨年を上回るという。今年10月に予定する消費税率の引き上げが景気を下押しするが、自公政権が進める対策で増税の悪影響を緩和できると見込んでいる。

日本が主導した環太平洋連携協定(TPP)が先月発効し、来月には日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)も発効する。こうした多国間の枠組みを世界経済の成長に生かしたい。

成人の日記念街頭演説会

ますざきアクション ますざきボイス / 2019年1月15日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

IMG_2900昨日、午前に執り行われた成人式の後、あきる野市議会公明党3名で成人の日記念街頭演説会を実施させていただきました。
IMG_2901現場第一、青年世代に寄り添った政策を実現していくのが公明党と訴え、861名の新成人の皆様、ご家族の皆様へお祝いとエールを送らせていただきました!誠におめでとうございます。(*^▽^*)

祝 新成人861名!

ますざきアクション ますざきボイス / 2019年1月14日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

IMG_2894平成31年あきる野市成人式が秋川キララホールにて挙行され、出席させていただきました。晴天のもと、晴れ着姿や袴姿の新成人が旧友と久しぶりに会って懇談し合う光景がそこかしこで。

式典では、「次代を担うのは私たち」との立派な新成人の誓い、あきる野児童合唱団アヴニールの皆さんの歌声に皆が穏やかな気持ちに。
861名の新成人の皆さん、大変におめでとうございます!!ヽ(^o^)丿

あきる野市消防団出初式

ますざきアクション ますざきボイス / 2019年1月13日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

LZWM4403あきる野市消防団出初式が東京サマーランド駐車場にて挙行され、出席させていただきました。
地域防災の要である消防団の皆様には、日頃から本当にお世話になっています。心から感謝申し上げます。

本年が平穏かつ無事故であることを祈りつつ、凛々しいお姿を拝見致しました。<(_ _)>

第16回若き音楽家フェスタ

お知らせ ますざきアクション / 2019年1月12日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

IMG_2884本日、第16回若き音楽家フェスタが秋川キララホールで開催され、参加しました。
秋川キララホールは、音楽の演奏を主な目的として造られたもので、音響は抜群です(^^♪
若フェスへの出演から世界へと雄飛した方も多数いらっしゃいます。
文化・芸術を愛するあきる野市は、建物も愛し、文化・芸術に携わる人も応援します!!

公明党への評価

公明党・公明新聞 / 2019年1月12日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(^o^)/

IMG_E2872本日の公明新聞1面に、昨日の公明党東京都本部賀詞交歓会の様子が掲載されました。

IMG_E2873

IMG_E28742面には、来賓の二階自民幹事長、小池都知事、田中商工会議所副会頭らの公明党に対する思い等の記事が。
特に二階幹事長は「自公が協力する時、公明党に教わり、見習うべきだといつも党幹部に言っている」との評価。

数は少ないが、力で負けない!!公明党の底力、発揮してまいります<(_ _)>

IMG_E2871

公明党 東京都本部賀詞交歓会

ますざきアクション ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2019年1月11日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

IMG_2852今日は、新宿の京王プラザホテルにて公明党東京都本部賀詞交歓会が開催され、出席させていただきました。

IMG_2861

IMG_2862

IMG_2863

IMG_2864自民の鴨下都連会長、二階幹事長をはじめ、小池都知事、区市町村の首長、各界代表の方々がご出席くださいました。
IMG_2858私が親しくさせて頂いている会社の役員の方も、昨年に続いてご参加くださり、心から感謝申し上げます。

さあ、本年は勝負の年。全てをやり切るため、不惜身命の思いで働いてまいります!!ヽ(^o^)丿

2つのありがとうをゲッツ!

ますざきアクション ますざきボイス / 2019年1月9日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(^o^)/

今日は早朝から2つの「ありがとう!」を頂きました(*^^)v
内容はお伝えできませんが、相談者のご心配はいかばかりか…。結果が出せて本当に良かったぁ。
感謝の言葉「ありがとう」は、最高のエネルギーです!!元気がめっちゃ出ました!(*^▽^*)

IMG_2851写真は、地域廻りや党関係の会計処理、支払い等を済ませ、帰る途中の二宮地域からの景色です。富士山と三日月(眉月?)のコラボです!見えるかな(^_^;)

氷沢橋交差点で朝のご挨拶

ますざきアクション / 2019年1月9日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(^o^)/

IMG_2847今朝は、草花地域の氷沢橋交差点にて朝のご挨拶&児童見守りのお手伝いをさせていただきました。
いつも旗を持って通学を守ってくださるおじさんにも新年のご挨拶ができて良かったです。どうか風邪などひかれませんように<(_ _)>

※写真は、いつもこの交差点で立っている時に通勤で通る方にお願いし、撮影してもらいました。
ありがとうございます<(_ _)>

教育無償化 公明が推進する“未来への投資”

公明党・公明新聞 / 2019年1月8日

ますます元気!さきざき安心!あきる野市議会の増﨑としひろです(*^^)v

今日は1/8(火)付公明新聞【主張】の記事を転載します!
教育の無償化は長年、公明党が取り組んできたこと。着実に前進させてほしい!!

1547097658134

教育無償化 公明が推進する“未来への投資”

教育の無償化を力強く推進すべきである。

公明党の山口那津男代表は2日の新春街頭演説会で、10月の消費税率引き上げに伴う税収を生かし、教育費負担の軽減に全力を挙げる姿勢を重ねて強調した。

経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で日本は、教育への公的支出の割合が最低レベルだ。家計における教育費負担の重さは少子化の一因にもなっている。経済格差が教育格差につながり貧困の連鎖を生んでいることも大きな課題だ。

こうした現状を変えるためには、人を育てる“未来への投資”を、さらに進めていく必要がある。

政府は昨年末、幼児・高等教育の無償化について法整備に向けた方針を決定した。

幼児教育は、全ての3~5歳児と住民税非課税世帯の0~2歳児を対象に、認可保育所、幼稚園、認定こども園の保育料を10月から原則無料にする。認可外保育施設などの利用も、保育の必要性があると市区町村に認められれば対象となる。

高等教育については、大学や専門学校に通う低所得世帯の学生を対象に、2020年度から無償化が実施される。授業料や入学金を減免し、返済不要の給付型奨学金を拡充する。

こうした幼児・高等教育の無償化は公明党が06年に発表した「少子社会トータルプラン」で訴えてきた政策であり、与党・公明党の推進によるものである。

今月召集される予定の通常国会には、幼児・高等教育の無償化を実現するための関連法案が提出される予定だ。新しい制度を地方自治体が円滑に実施できるよう、システム改修費などを国が支援するといった目配りも忘れてはなるまい。

無償化の法整備に関する決定とは別に、私立高校の授業料の無償化についても、政府は年収590万円未満の世帯を対象に実質無償化する方針を示している。この点も、公明党の大きな実績である。

1日付本紙の新春対談で作家の佐藤優氏は、「ぜひ『教育の時代』を公明党が切り開いてください」と熱いエールを送っている。多くの国民の期待に応えていきたい。