あきる野市議会議員 増﨑としひろのホームページ

未来をひらく 実現力!

運動会が開催!

ますざきアクション ますざきボイス / 2011年5月31日

5月31日(火)

今日は、台風の影響で延期となっていた運動会が、市内のほとんどの小学校で行われました。

『ますざき』は、多西小学校と草花小学校に行ってまいりました。台風で延期・延期になり、児童のモチベーションが下がりそうなところを、両校とも多くの保護者の方や近隣の皆様が来て下さったおかげで、児童たちが元気いっぱいの姿を見せてくれました。

特に新一年生。小学校に入学して、初めての運動会でしたが、入場からニコニコ笑顔で行進。周囲の声援も後押しとなり、誇らしげな顔が印象的でした。高学年も楽器演奏やフラッグを持っての行進で華を添えていました。行進しながら演奏するのは難しいだろうに、たくさん練習したんでしょうね。ちゃんとできていましたよ。素晴らしかったですね~。

子どもたちを見てると、不思議とこちらが元気になります。子どもたちの笑顔には、不思議な力がありますね。「子は宝」との言葉は、そういう意味なのでしょうか。

東日本大震災で自粛ムード、イベントなど控え気味な風潮もありますが、こういう行事などで元気を取り戻し、その元気を東北に届けることも大事なのではないでしょうか?

がんばろう!日本。心は一つ!

県外避難者、4万人の居場所確認

ますざきボイス / 2011年5月31日

5月31日(火)

東日本大震災で岩手、宮城、福島3県から県外に避難した被災者のうち、4万140人の方の居場所が28日までに明らかになりました。避難前に住んでいた県と市町村が「全国避難者情報システム」を通じて把握、総務省がまとめたそうです。
原発事故の影響で県外避難者が最も多いとみられる福島が3万4085人。宮城は4867人。岩手は1188人とのこと。

この避難者情報システムは、被災者が親戚宅など現在の居場所を最寄りの市区町村に書面で届けると、都道府県を通じてオンラインで住民票がある自治体に伝達される仕組み。これにより、被災者に見舞金の給付や税の減免など地元の行政情報が郵送や電話で伝えられます。我があきる野市においても避難者情報システムを活用し、被災県等に情報提供しております。

しかし、県外への避難者は他にも多数いる可能性があります。もし、皆様の身近で対象となる方がいらっしゃいましたら、最寄りの市役所へ届け出た方がいいよと伝えてあげてほしいと思います。

がんばろう!日本。心は一つ!

一般質問に向け、猛勉強中

ますざきアクション ますざきボイス / 2011年5月30日

5月30日(月)

今日は、午前中西多摩事務所にて6月議会一般質問の準備作業をやりました。先のブログにも掲載しましたが、今回もっとも取り上げたいことは被災者支援について。調べれば、調べるほど色んな課題が見えてきます。勉強しながら、1時間という制限時間の中でいかに効果的に質問するか…いまだに頭を悩ませています。

午後は、市役所へ要望活動。市内の危険箇所の解消をと伝えたところ、調査しますとの回答だったので、明日にでも要望された方に中間報告に行こうと思います。
また、一般質問関係で職員に様々確認しに行ったら、更に質問すべきことが出てきて、どう構成しよう?と迷っています。

夕方遅い昼食をとった後、夜まで再び一般質問の猛勉強。市民の皆様に分かりやすく、簡潔に。市が早急に手を打てるよう強く、強く訴えていきます!

人口減少が見込まれるこれからの日本。あきる野市も例外ではありません。だからこそ、悩んでいる人、困っている人に皆が手を差し伸べ、助け合っていく。同苦することが大事となっていくでしょう。

『ますざき』は思います。同苦の精神漲るあきる野市でありたい。「支えあう社会」、「共生社会」の模範となるあきる野市でありたい。あきる野市の子どもたちにも、そうなってほしい。そのために『ますざき』は、あきる野市議会議員という立場にいるんだと常々思っています。全力で働いてまいります!

がんばろう!日本。心は一つ!

嬉しいメールが…

ますざきアクション ますざきボイス / 2011年5月29日

5月28日(土)

今日嬉しいメールが届きました。今月17・18日に宮城県石巻市へバスで被災地ボランティアに行ったのですが、その時に一緒にボランティアをした方からでした。驚いたのと同時に、その内容を見てとても嬉しくなりました。抜粋ですが少し紹介させてください。

「先日の5/17~18の石巻ボランティア活動のブログを偶然見てメール致しました。実は私はスタッフとして同行させていただきましたⅠと申します。(中略)議員の方が一般の方と同じ立場でボランティアされていたことを知って感動しました。これから議員としての益々のご活躍をお祈り致します。」

というメール。Ⅰさんは、被災地ボランティアバスに参加したメンバー全員のお世話をしてくださった方で、お若いのにとても立派な方でした。まさか、その方が自分のブログを見てくださり、更にメールまでくださるとは…本当に驚きましたし、思いがけない激励に感激してしまいました。本当にありがとうございました!

Ⅰさんにもお伝えしましたが、これからも私ができることを全力で取り組んでまいります!

がんばろう!日本。心は一つ!

人間の復興へ!

ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2011年5月27日

5月27日(金)

本日付公明新聞一面に写真の記事が掲載されました。

「人間の復興へ~東日本大震災 公明がビジョン第1弾」との見出しです。26日午前の党中央幹事会を開き、「人間の復興」を基本理念に据えた「東日本大震災復旧復興ビジョン」を了承したとの記事です。

公明新聞を購読されている方は、三面に全文が載っています。購読されていない方は、党ホームページを見ていただけたらと思います。下記にリンクを貼りつけておきますね。

公明党 東日本大震災復旧復興ビジョン

今後、公明党は衆参両院の各委員会や特別委員会を中心に、同ビジョンを基にした提案、論戦を繰り広げていきます。どうか、公明党の戦いに期待していてください!国会に負けずに、あきる野市議会でも公明党は、『ますざき』は頑張ります!

がんばろう!日本。心は一つ!

6月議会、一般質問通告

ますざきアクション ますざきボイス / 2011年5月27日

5月26日(木)

昨日ほぼ一日かけて、来月一般質問する通告書を仕上げ、本日議会事務局に提出しました。今回の質問内容は…

①被災者支援について
②買い物弱者支援について

の2点。①は、3.11東日本大震災の教訓として、あきる野市の改善点をいくつか質問・提案したいと考えています。また、5月中旬宮城県石巻市に一般ボランティアとして参加した経験から、何点か提案したいと考えています。
②は、近い将来課題となる、また現在も少なからず問題となっている「お買い物支援」。高齢者や障がい者、妊婦の方などが安心して、お買い物できる仕組みづくりを質問する予定です。

質問したいことは多々あるのですが、今回は上記2点に焦点を絞って質問します!

議会は6月7日(火)から始まります。『ますざき』は、7番目の登壇となりますので、初日の夕方か2日目の午前に登壇すると思います。お時間の許す方は、是非議場に足をお運びくださいませ。一生懸命頑張ります!

がんばろう!日本。心は一つ!

JR五日市線改善促進協議会総会

ますざきアクション ますざきボイス / 2011年5月26日

5月23日(月)・24日(火)

月曜日は、午前中かけて、あきる野市議会公明党会派の打ち合わせ。6月議会に向けて、一般質問が重ならないよう会派内で調整し、様々な意見交換をしました。

午後は市民相談。選挙前からご相談いただいていた件で、今後についてお話を伺いました。選挙前からこれまでの対応を高く評価してくださり、大変有り難く思っています。現状を維持しつつ、更に改善していけるよう取り組んでまいります。

火曜日は、JR五日市線改善促進協議会総会に出席。あきる野市議会だけでなく、日の出町・檜原村の議員さんも出席する総会です。協議会の予算・決算を審議し、今後の取り組みについても協議。今後、各自治体とも人口減少が見込まれる中で、JR五日市線をどこまで改善させることができるか…知恵の出しどころです。

総会後は、講演会。運輸調査局の板谷和也氏を講師に迎え、「地域公共交通の現状と将来展望」についてお話を伺いました。地方公共交通のあり方について、思索をめぐらしているところですが、大いに触発されました。具体的なビジョンとしてデマンド交通システムを市内全域で行っては?と、2009年9月議会(初議会)の折に一般質問させていただきました。市執行部も検討していくとのことでしたが、路線バスや鉄道、タクシー業界との兼ね合いも考慮に入れていかなければ、結局市全体として良くならないと思っています。あきる野市議会議員として、全体観に立ち、公平性を重視しつつ、あきる野市民の皆様が、移動しやすい環境を、最高のものを構築していきたいと思います。

がんばろう!日本。心は一つ。

あきる野青年会議所15周年記念事業

ますざきアクション ますざきボイス / 2011年5月23日

5月22日(日)

今日は雨が降る中、あきる野市のキララホールにて、あきる野青年会議所創立15周年記念事業として講演会が行われ、出席してきました。会場は、野球少年(少女も)とその保護者でほぼ満席。開会前から会場は熱気に包まれていました。

テーマは、「~夢~創り出せ!自分のストーリー」。当初、元読売巨人軍の清原和博氏を迎える予定でしたが、急遽変更となり、元木大介氏(元読売巨人軍)及び槙原寛己氏(同)を迎えての開催となりました。

しかし、元木・槙原両氏による巨人軍時代の裏話や清原伝説(?)などユーモアを交えたトークに、会場は爆笑の渦。また両氏の被災者支援の模様なども紹介してくださり、感銘を受けました。ミニ野球教室では、会場から代表3名が壇上にあがり、熱心な指導を受けると、明らかに指導前と後でスイングが変わり、さすがプロだと感心しました。最後の抽選会は、サインボールや色紙をいただき、子どもたちの笑顔が満開の、大変に盛り上がった講演会となりました。

このような機会を設けてくださったあきる野青年会議所メンバーの皆様に、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました!また、お疲れ様でした。

今の日本に足りないもの。それは元気!東日本大震災による自粛ムードもありますが、私たちがまず元気になり、被災者へ元気を届けることが大切だと思います。

皆さん!東北にエールを送りつつ、元気を出して、がんばろう!日本。心は一つ!

リサイクルフェア&新人議員研修会

あきる野百景 お知らせ ますざきアクション ますざきボイス / 2011年5月22日

5月21日(土)

今日もとても暑い一日でした。汗っかきの『ますざき』は、一日中ハンドタオルが手放せませんでした。

そんな夏のような日、秋留台公園にてリサイクルフェアが催されました。午前10時からのスタートだったのですが、人、人、人の大盛況。ぐる~っと見て廻っていたら、たくさんの党員・支持者の方がお店を出して、元気いっぱい売られていました。商売繁盛(?)だったかな~。

会場内には、太陽光エネルギー見本市というのもあり、少しのぞいてみました。機関車トーマスが太陽光で動いているのには感心しました。子どもが喜びそうだな~。学校でもこういうのを授業で取り組んでいるのかな?楽しく学ぶことができていいだろうな~と思ったりしました。

この日の午後は、新宿区の公明党本部にて「新人議員研修会」に参加させていただき、13時~17時までみっちり勉強させていただきました。公明党の立党精神である「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」を通し、公明党議員の使命と責任について、衆院議員の高木陽介東京都本部代表などからご指導いただきました。話す方も真剣、聞く方も真剣。まさに真剣勝負のような研修会に、『ますざき』も気合い入りまくりでした!参加させていただき、本当に良かったです。

ご準備してくださった党東京都本部職員の皆様、心から感謝致します。ありがとうございました!

がんばろう!日本。心は一つ!

『東日本大震災復興基本法案』骨子発表

お知らせ ますざきアクション ますざきボイス 公明党・公明新聞 / 2011年5月20日

5月20日(金)

公明党は19日午前、東京都新宿区の党本部で中央幹事会を開き、「人間の復興」を基本理念に掲げ復興庁や復興特区の創設などを盛り込んだ東日本大震災復興基本法案の骨子について了承しました。

ポイントは以下のとおりです。

▽復興は「人間の復興」を基本理念とする。

▽国は基本理念にのっとり復興基本指針を定める。

▽地方公共団体は基本理念・基本指針を踏まえ復興計画を策定、実施する。

▽内閣に施策を一元的に実施する復興庁を設置する。

▽首相は復興庁を所管する復興担当相を任命する。

▽復興財源を確保するため歳出の徹底した見直しと削減を図る。

▽国会の議決を経て復興債を発行する。

▽被災地域を「復興特区」に指定する。

席上、山口党代表は、「被災地の復興後の姿というものが、21世紀にふさわしい『支えあう社会』『共生社会』の模範となる地域社会をつくる方向へ、全力を挙げて議論を進めていく」と力説しました。

公明党の復興基本法案骨子(全文) ←クリック!

私『ますざき』も、あきる野市議会議員として、少しでも被災された皆様のお役に立てるよう全力で働いてまいる決意です。

がんばろう!日本。心は一つ!