Facebook
Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

DSC02029

 

公明党山口県議団(小泉利治団長)は6日、県庁内で村岡嗣政知事に対して、「2017年度予算編成に対する要望書」を提出した。

これには党県本部代表桝屋敬悟県代表(衆議院議員)も同席し、知事と懇談を行った。

席上、小泉団長らは、

  1. 移住・定住対策の推進
  2. 中山間地域の高齢者が安心して暮らせる仕組みづくり
  3. 「明治維新150年」に向けた観光振興
  4. 野鳥獣被害対策
  5. 交通渋滞の緩和

など、道路網の整備と交通対策の早期実現ーーなど6分野97項目を要望した。
村岡知事は「重要な課題をたくさんいただいた。今後、しっかりと取り組みを進めていきたい」と答えた。

 

女性が活躍する社会の実現へ

DSC02041
一方、党県女性局(石丸典子局長)は同日、17年年度政策要望を村岡知事に行った。

席上、石丸局長は「情勢が活躍する社会の実現へ取り組みを進めていただきたい」と述べ、

具体的に、

  1. 女性防災リーダーの育成や防災会議への女性委員登用の推進
  2. 女性特有のがん検診の受診率向上に向けた取り組みの推進
  3. 妊娠・出産・医療・教育など切れ目のないこども・子育て支援の充実
  4. ストーカーやDV対策の強化、性犯罪被害者支援の整備

など6項目の実現を求めた。

コメントは受付けていません。