Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

公明党の子どもの医療等検討小委員会(桝屋敬悟委員長=衆議院議員)は13日、群馬県庁で、大澤正明知事と会い、子ども医療費のあり方について意見交換した。

同県は、子ども医療費の無料化を中学卒業まで拡大するなど子育て政策に力を注いでいる。席上、大澤知事は、独自に医療費を助成する自治体に対して、医療費の増加を懸念する国が補助金の減額措置を行っていることに触れ、「減額措置の見直しが必要」と指摘。群馬子ども救急相談(#8000)などにより、時間外受診の減少につながっていることを紹介した。

桝屋委員長は、公明党の主張により、厚生労働省で子どもの医療制度などに関する検討会が始まったことに触れ、「減額措置の見直しに力を注ぐ」と訴えた。

コメントは受付けていません。