Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

web用写真2

総務省は25日、地方移住支援の総合窓口「移住・交流情報ガーデン」をJR東京駅近くのビル内に開設した。相談員を配置し、全国の移住に関する情報を幅広く提供。移住希望者の掘り起こしにつなげたい考えだ。一般の利用は28日から。

移住促進は、地方創生や東京一極集中の是正に向けた重要施策。ガーデンでは、相談員が問い合わせに応じるほか、同省が開発した情報検索システム「全国移住ナビ」を自由に利用できる。自治体の移住セミナーなども開催する。

開設式では、西銘恒三郎総務副大臣が「地方への新しい人の流れをつくることができるよう、ここを拠点に取り組みたい」と述べた。自治体を代表して尾崎正直高知県知事が「地方の情報を強力に発信してもらうのは心強い限りだ」と期待感を示した。

式典には、公明党の桝屋敬悟衆院総務委員長も参加した。

開館時間は平時が午前11時~午後7時、土日祝日が午前10時~午後6時。月曜日は休館。

E

コメントは受付けていません。