Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

12日、山陰道建設促進山口県議会議員連盟の新谷和彦会長らとともに国土交通省を訪れ太田昭宏国交相に要望書を提出。山陰道のミッシングリンク(高速道路が途切れている状態)解消に向け、予算確保を求めました。

島根県益田市~萩市間、長門市~下関市間の早期事業化と、長門・俵山道路の整備促進を求めた要望書を提出しました。

全長380キロのうち、鳥取県は100%、島根県は80%が開通・工事中であるのに対し、山口県は15%にとどまるという現状とともに、7月に発生した記録的豪雨災害の被害状況も説明し、地域の孤立化を防ぐためにも重要であることを強調。太田国交相は「必要性は十分理解している。前に進めていかなければならない」と応えました。

要望を終えた新谷会長は「この時期に大臣が首長以外と面会するのは珍しいと聞いており、感謝するとともに期待を抱いている」と話されました。今後もしっかりと取り組んでまいります。

コメントは受付けていません。