Facebook
Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

27日、公明党県本部「スクスク子育てプロジェクト」の佐々木さやかリーダーから子育て支援に関する要望書を受け取りました。同プロジェクト顧問の松あきら参院議員と、古屋範子衆院議員らが同席。

この要望書は、同プロジェクトが神奈川県内の子育て中の母親をはじめ、幼稚園、保育園、企業などを対象に行った調査(4162人から回答)を分析し、まとめたもの。

佐々木さんからは「短時間労働の導入など、働き方を選択できる社会の構築」「幼児教育無償化の対象を、幼稚園、保育園、認可・認可外を問わず、全幼児を対象とすること」など、要望されました。

早速、安倍総理、田村厚労相に伝え、取り組んで参ります!

コメントは受付けていません。