Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

7月15日午前、山口県障害者ソフトボール協会主催で行われた、第22回山口市長杯「西日本障害者ソフトボール大会」に参加。会場となった「やまぐちリフレッシュパーク」には、今年も馴染みのチームが顔を揃え、14チームでのトーナメント戦が繰り広げられました!!

過日からの豪雨で、甚大な被害を被った九州地方のチームをお見舞いしながら「参加者全員が大会を盛り上げ、期待にこたえていこう!」(実行委員長/宮本 朗氏、事務局長/小柳郁夫氏)との息吹漲る、素晴らしい大会でありました!!

私からは、もう一つの三党合意と思っている「障害者総合支援法」成立の意義について語り、これからも障がい者の皆さんが暮らしやすい街づくりへ全力を尽くすことを約束してまいりました。

また午後からは、私が会長を務める「山口県ダンス連盟」(理事長/安田羊佑氏)主催の第6回山口県総合芸術文化祭「社交ダンスフェスティバル」に参加。

社交ダンスとは、本来、社交を目的としているダンスでありますが、「オリンピック種目に」との議論の中で、ダンスそのものに変化が生じてまいりました。社交ではなく、競技し、技術を競うものになりますので「競技ダンス」、国際的にはダンススポーツと呼ばれております。ダンススポーツとなるとスポーツ性能が求められます。

私たち山口県ダンス連盟においては、オリンピックはオリンピック、伝統は伝統ということで、「社交ダンスを愛する人たちのためのダンス連盟であり続ける」との一貫した方針で、今日まで運営して参りました。

その結果、山口県にありましては、毎年、このように盛大な社交ダンスのフェスティバルを開催できている訳であります。

本年の企画は、華やかで楽しいダンスを紹介するプログラムが揃えられ、3歳から88歳までの方々77名が、会場となった山口市民会館大ホールで華麗な演技を披露して下さいました!!

コメントは受付けていません。