Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

 

去る5月15日、山口県庁職員時代に大変お世話になった大先輩・柴崎保さんを訪ね、山口県・阿東町に行って参りました。大自然に囲まれた阿東町は、私が生まれ育った故郷であります。

柴崎さんは、平成21年3月、62年余(うち県職員38年、特別養護老人ホーム24年)の勤務を終えられ、このたび、「私の履歴書」を出版されました。

ありがたいことに、その本の中で、私のことを紹介して下さっています。

「桝屋敬悟君は、身障係にいた若きエースであった。衆議院議員として十数年、公明党の幹部として、また国会では質問数はナンバーワンとして大活躍をしている。平成5年であったと思うが、衆議院選挙に立候補した。出陣式に当たって応援演説をしてくれと。湯田、大橋近くの党本部前で大声で激励演説をした。それから何回か(萩市民会館等でも)、そして10年、今度は10周年パーティーを山口駅近くのパルルで開催するに当たり発起人代表にと。私の名前で各位にご案内を。400名を超える大パーティーとなった。県からは二井知事さん以下部課長70人。私の発起人挨拶に続いて知事さんと続く。私が「オイ、ケイゴ」と大発声で呼んで大爆笑のうちにはなやかな宴となった。選挙の応援ははじめてであったが彼は好人物、愛すべき男、先日もご夫妻で来訪されるなど、今に親交は深い。(私は創価学会でも公明党でもない)」etc

 

 

また同18日には、山口県・豊浦町に向かい、母校の下関西高等学校の同窓会である「旭陵会」の大先輩・藤本正三さん(前幹事長)宅を訪問。

藤本さんからは、今の政治に対して、種々ご意見を頂戴しました。

「地方と都会は違う。何でも一緒に議論してもらっては困る。地域に根ざした仕組みやムードを、丁寧に構築しなければならない」

「今は、民生委員も大変だ。都会ではマンションに入れない。田舎はそんなことはないが、個人情報保護を取り違えて、民生委員にさえ本当のことを話さない。これでは民生委員になる人もいなくなる」

「民主党は、政治主導ということを履き違えている。民主党の総理大臣たちは、何だか自分が大統領にでもなったような勘違いをしているのではないか。党内でしっかり議論をして、野党ともしっかり協議をして、そして国民ためには、官僚とよく話を詰めて進めてもらいたい。自分勝手に物事を進めることが政治主導と思ったら大間違えである!」etc

今回の訪問では、「一日も早く、国会に戻れ!!」との激励に、決意も新たにいたしました。また、お二人の大先輩の笑顔にふれ、『いつもまでもお元気で』と願うばかりでありました。

ますや敬悟、恩返しさせてもらうつもりで、益々、精進して参ります!!

コメントは受付けていません。