Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

4月4日、広島市の安佐北区安佐町を訪問。地元の西田浩市会議員がかねてからお付き合いされている介護事業所を訪ねました。遊感美想グループが運営するグループホーム楽々苑、小規模多機能施設とサービス付き高齢者住宅も整備されています。  

  

この高齢者住宅で生活されている皆さんと親しく懇談させていただきました。   

  

  

皆さんから色紙にしたためられた要望書をいただくことになりました。  

  

「年金で暮らせるようにして欲しい!」「いつでも安心して病院に行きたい!」いずれも社会保障の確立を求める内容でした。  

特に「子どもに負担をかけたくない!」との一文は切実です。介護現場の本当の声だと受け止めさせていただきました。    

       
 
 

  

     

     

     

懇談が終わって、遊感美想グループを主宰されている後藤博氏から介護現場の声を聴かせていただきました。          

 
聞けば、社会福祉法人が運営する特別養護老人ホーム・施設長を経て、民間事業者としてグループホームなどの介護サービス事業に着手されたとのこと。こうした経験からグループでは、分社化して現場のプロパーから社長を抜擢し、力ある人材を育てたいと話しておられました。   
 
介護保険制度の問題も熟知しておられる方。今後とも、私ども公明党議員がご指導いただきたいと強く感じました。      

 

 

コメントは受付けていません。