Facebook
Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

8月31日米子市を訪問。早速地元の党員の皆さんと懇談に臨みました。お元気なホントに元気な婦人党員さんと!婦人党員の皆さんです。ちょうど野田新首相が誕生という時。皆さんの声を聴かせていただきました。ご婦人の声も、多くは、民主党のことだけれど野田さんでよかったとのこと。公明党は、民主党が野田新首相の下結束し、日本の復興に当たるということであれば、いたずらに足を引っ張るのではなく、公明党の政策を提言し、建設的な議論を行うことが必要ではないかとの声でした。
私としては、一日も早く衆議院を解散してもらいたいとの思いだと言いましたが、今はしっかりと中国5県を回りなさいと激励されました。皆さん、有難うございました。 

その足で、境港市へ入りました。境港では、航空自衛隊美保基地におけるC1輸送機からC2輸送機に配置換えになるとのことで、特に騒音問題など地元の住民の皆さんの関心が高くなっており、この日は、公明党議員の紹介により連合自治会の皆さんにお集まりいただき意見交換させていただきました。 

防衛省では、美保基地に配備されているC1輸送機が運用開始から約40年経過しており、今後戦術輸送能力を強化し、国際平和協力活動に積極的に取り組むために平成20年代後半からC2輸送機に切り替えたいとしている。中浜公民館で自治会の皆さんと意見交換!

お集まりいただいた皆さんは、8月25日に岐阜でC2輸送機の視察を行ったばかりで、その際の状況などのお話をいただきました。永井自治連合会長はじめ地元の自治会の方々にご出席いただきましたが、大方の方がC1に比較して大型の輸送機であるが、C2の場合は騒音に関しては思ったより低いと実感したとのことでした。但し、最大積載量を積んだ場合とか、輸送機の前方の音であるとか、さらに確認したいとの声でした。さらに、真上が飛行航路になっている中浜小学校での騒音や、全体としての安全対策など慎重に検討したいとのことでした。月議会において、今後のプロセスなども確認する必要があるとの議論もありました。地元の議員団とも連携しながら公明党としても引き続き注視していきたいと考えているところです。

コメントは受付けていません。