Facebook
Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

7月5日、島根県奥出雲町を訪れた。奥出雲町は、今1期目の公明党の内田勇議員が頑張っているところ。井上町長さんに御挨拶ののち、町内の「日刀保たたら」を視察、国の選定保存技術である「たたら製鉄」の技術やその精神について村下である木原明さんにご指導いただいた。奥出雲地方の古来からの鉄づくりを実感させていただいた。 

恐竜の骨格標本とリニューアルされた展示室次に、内田議員が連れて行ってくれたところ、それは町内の佐白地区にある「奥出雲多根自然博物館」でした。正直、奥出雲に博物館があるの?という感じでした。 

訪れてびっくり!1階、2階の展示室には「宇宙の進化と生命の歴史」「海の生物が辿った道」と題した展示です。様々な標本展示とバーチャル映像を組み合わせた素晴らしい展示です。入口には島根県が生んだコンピュータ言語Rubuを使ったタッチパネルによる展示開設が用意さ2階展示室は太古の海、バーチャル水族館も!れています。

聞けば、この博物館財団法人が運営しているとのこと。多根の名前は、メガネの三城の創始のお名前、ご当地奥出雲のご出身とか。故郷に大きな貢献をされているのが伺われました。

それにしても、これほどの博物館。宿泊施設も備え、さらに展望レストランなど、多くの子どもたち地域の方々に利用を進めたいと強く感じた次第です。公立の博物館や学校などとの連携もあっていいのではとも感じました。 

奥出雲町としては、この施設の近くに温泉も出る交流施設を計画されているようで、今後、島根県のみならず全国からの人々の交流が始まるのではと感じた次第です。案内していただいた宇田川副理事長には感謝です。

ちなみに奥出雲多根自然博物館のHPは?
  http://www.tanemuseum.jp/ 

この日は、お隣の雲南市の村尾晴子議員のお宅も訪問させていただき、夕食までご馳走になりました。有難うございます。90を超えてなお、お元気なお義父さんに大きな元気をいただきました。お元気なお義父さんと!

コメントは受付けていません。