Facebook
Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

長年の希望が実現し、喜びの岩崎理事長

6月12日(日)山口市にある社会福祉法人るりがくえん(岩崎貞徳理事長)において、障害者支援施設るりがくえんの竣工式が挙行され、私も来賓として招待をいただき出席させていただきました。 

今回の新施設の竣工は、国の社会福祉施設耐震化等整備特別対策事業や障害者自立支援基盤整備事業などを活用、市や保護者からの支援により整備されたもの。

るりがくえんでは、この整備に合わせて自立支援法の新制度へ移行することとし、従来の児童施設、入所更生施設である青年寮や女子棟が一体化され新しい障害者支援施設に生まれ変わることとなった。併せて、グループホーム、ケアホームも増築、また、リサイクル作業場と食品加工場なども整備されたものです。

実は、議席を持っているときから、私も岩崎理事長さんをはじめ保護者会の皆様から、様々に陳情をいただいてきた施設整備です。県当局とも何度も協議しながら、今日の竣工に至ったもので、喜びに堪えません。
県下の同種の施設がどんどんと新しい施設になっている中、るりがくえんの施設整備が大きな宿題でした。障害者自立支援法の施行などに伴い、国の新規補助制度をうまく活用していただいた山口県当局にも感謝したいと思います。竣工となった新た強い施設。ハードの力を発揮してもらいたい!

当然ながら、新施設はオール個室であり、まさに個別処遇の大きな武器になると考えます。竣工式では、利用者の代表から「トラブルもあるが、利用者は快適な生活になった。」と喜びのあいさつをされていたのが印象的でした。 

市内の宮野地区にある、きらら夢KOBOの今後の拡充に向けて岩崎理事長さんの熱い思いがあります。私どもも、出来るだけ応援したいと決意しました。
竣工式後に、ちょうど山口市を訪れた参議院議員の谷あい正明さんも、施設にやってきて、理事長さんに施設内を案内していただきました。谷あい正明、石丸典子県議とともに!

コメントは受付けていません。