Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

戸羽さんとの久しぶりのお出会いでした!

5月18日、鳥取県倉吉市を訪問。

地元の市会議員さん方の配慮で、まずは、倉吉に行くたびにお会いしている聴覚障害者の戸羽さんにお目にかかりました。戸羽さんは、現在、NPO法人ふくろうの中部事務所で相談員をされています。ふくろうの手話通訳者がサポートしてくれました。

戸羽さんからは、以前から、「手話は言語」であるとの位置づけを法的に明確にしてほしいと言われていました。今、国会では政権交代後の大きな動きとして障害者基本法の改正作業が行われています。この中で、是非とも手話の位置付けが前進できるよう頑張るとお伝えしました。

ちなみに、4月22日に衆議院に提出されている政府案では、手話は「地域社会における共生等」第3条で「言語(手話を含む)」という表現であり、いかにもつけ足しという感を拭いきれません。この点は高木美智代衆議院議員にもしっかり取り組んでいただくようお願いしたところです。

コメントは受付けていません。