Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp

4月27日、党本部での中央幹事会に出席し、その足で岡山県総社市に直行。夜の公明党支部会に出席させていただきました。

統一地方選挙支援の御礼を申し上げながら、東日本大震災の復興に向けた公明党の取り組みなどを報告させていただきました。

せっかくの機会ですから、出席者の皆さんの声を聞かせていただきました。まず、今後の復興に向けた公明党の立ち位置についてのご意見でした。

出席者からは、なぜ、こうした大変な事態の中で、国会が一致協力して復興に当たらないのか?野党は政府・与党の批判ばかりせずに、協力すべきは協力するべきだ。公明党が調整役になって与野党の結束を呼び掛けたらどうか。こうした声が出されました。

一方、菅内閣では、とても復興に向けたリーダシップは発揮できない。菅内閣が続く限り、さらに、深刻な事態を招くのではないかという厳しい声も出されました。菅総理が、自らを捨てて、生命懸けで復興に取り組む姿勢であれば、公明党も協力するべきだというのが大方の声でした。

また、原発事故に関しては、中国地方にもこれから着工という原発もある中で、参加者の声は一様ではありませんでした。中国地方に原発は必要ないという声から、今の日本のエネルギー政策の中で、原発を否定することはできないという声までありました。ある党員の方が発言されました。この方は、原発の工事に携わってこられた方のようですが、「原発に関して、現場の技術者の声を、政治に反映してもらいたい。福島原発についても、現場の技術者の中には安全性を疑問視する意見もあった。こうした声が政治にまったく届かなかった。政治は技術者の声に耳を傾けない。ここに問題があるとの声でした。

コメントは受付けていません。