Facebook
Twitter
外部リンク
ブログパーツ
サイト管理者
桝屋敬悟
m0403@ymg.urban.ne.jp
バックナンバー 2010年 11月

小林實先生の基調講演!11月7日、かねてから準備を進めていた公益財団法人運転代行進行機構の設立記念フォーラムが東京銀座の時事通信ホールで開催された。全国から集った代行事業者の皆さんは、いささか緊張気味。このフォーラムには、民主党の平岡秀夫衆議院議員自民党からは山本拓衆議院議員、そして公明党からは内閣部会長の高木美智代衆議院議員の皆さんが出席いただいた。各党の代表議員が集っていただいたことは何より。

また、警察庁からは交通企画課の中村振一郎課長補佐、国土交通省からは旅客運送適正化推進室長の寺門巳知男室長もご出席いただいた。

フォーラムのハイライトは、基調講演をいただいた交通リスクコンサルタントの小林實先生のお話だった。運転代行業を語る学識経験者は、なかなかいらっしゃらないわけで、先生のお話しは、代行事業者にとって大きな励みになったと確信します。「ABCが大事」「当たり前のことを、ばかになって、ちゃんとやりぬく」これが交通安全の基本だとの話、感銘しました。

そののち、公益団体となった機構の役割、代行業の今後の健全な発展をどうして築くのか、法律の見直しについての取り組みなど、トークショウで、わたくと投稿交通新聞社の竹ノ内記者との議論を行わせていただきました。
参加者の事業者の皆さんからも、ご意見や質疑をいただいたところです。

フォーラムの冒頭、伊藤正信代表理事の緊張した挨拶が印象に残りました。東京交通新聞社の竹ノ内さんとトーク!

我が国運転代行業の新たな一歩になったとの実感を持ちました。皆さん、本当にご苦労さまでした!