平成26年12月16日午前、新年度の新潟市予算について公明党新潟市議団(佐藤誠代表)として予算要望書を提出してきました。主な重点要望事項として、①在宅医療・介護体制の整備、②高齢者・障がい者支援の推進、③自殺予防、うつ病対策の推進、④住宅セーフティネットの確保、⑤防災・災害対策の強化、⑥子育て支援策の拡充、⑦学校教育の充実、⑧防犯・交通安全対策の強化、⑨地域力と魅力の向上、⑩健康づくりの促進、⑪地球温暖化対策の推進、⑫公共交通網等の整備促進、⑬地域経済の活性化・雇用の場の創出、⑭交流人口の拡大、⑮農村地域コミュニティの再生です。2篠田市長からは、地域包括ケアシステムの構築、防災士育成など地域での人材育成への支援強化、また総合区の設置など区の在り方の検討や社会資本のアセットマネジメントの推進、さらに使用済み紙おむつのリサイクル化など積極的に取り組みたいとの返答がありました。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
新潟市 佐藤誠
satou_makoto@nifty.com