平成25年10月9日、開会中の決算特別委員会で佐藤まことは、平成24年度決算審査を総括し意見要望を申し上げました。おもな内容は、教育に関して一人ももれなく豊かな学校生活を送れるよう介助員の配置へ支援を進めること、また学校施設の避難所機能強化を求めました。若者支援を積極的、的確に取り組むべき。またブックスタート事業ではさらにこれからも子どもたちが読書に親しみ、読書習慣を身につけることができるよう、発達段階に応じた取り組みを継続・充実し実施されたい。スポーツ振興へスポーツ施設整備はもちろん施設の利便性向上に取り組まれたい。経済対策として、西堀駐車場は今後の新バスシステムの導入や環境対策なども勘案した上で廃止も含め抜本的な対策を検討されたい。今後さらに雇用創出へ積極的に取り組まれたい。特に正規雇用拡大へきめ細かく強力にすすめるべき。農林水産では将来の本市農業の担い手育成にさらに積極的・的確な支援を進められたい。田んぼダムは豪雨対策として今後さらなる積極的な推進などを要望しました。委員会は10月11日に採決し閉会します。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
新潟市 佐藤誠
satou_makoto@nifty.com