平成24年3月16日午後、新年度予算案などを可決し定例会は閉会しました。新年度予算で盛り込まれた主な事業は次の通りです。☆避難勧告等の情報伝達手段の多重化へ緊急告知FMラジオを整備、☆避難所機能の強化へ、学校の体育館に情報通信手段(テレビ・電話の配線)と、災害時用水栓(受水槽)」の整備、☆こども医療費の「入院」についてを「中学卒業まで」に延長(9月から)、☆市営住宅環境改善モデル事業として、既存市営住宅(曽野木団地、5階建)に、エレベーターを設置、☆学校施設のエコスクール化へ、モデル校として沼垂小学校に日除け「庇(ひさし)」などを整備、☆生ごみの減量化・資源化の推進へ学校給食センターの残さを飼料化(堆肥化はすでに実施)、☆携帯電話など使用済小型家電のリサイクルへ拠点回収の実施(新たなリサイクル・モデル事業)、☆成年後見制度の推進へ、専門相談員の配置。いずれも皆様のご要望をいただき、佐藤まことがこれまで一般質問で訴えてきたものが、新年度で実現したものです! 皆様の応援ありがとうございました

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
新潟市 佐藤誠
satou_makoto@nifty.com