Archive for 2007年 12月

平成19年12月20日、公明党新潟市議団は、2008年度

新潟市予算に対する要望を篠田市長に手渡し、172項目

(新規34項目)の実現を直接要請しました。

佐藤まことは、その中でも特に「各区内の交通網の整備」

「新潟空港への新アクセス(接続交通体制)の早期策定」

要望しました。

平成19年12月17日、公明党新潟市議団は、

新・市民病院に併設された「新潟市救急ステー

ション」を現地視察。11月1日から開設された

同所を直接訪ね、同じく新潟県で初の配備と

なった「ドクターカー」も乗車し見学しました。

今後さらに、安心・安全な街づくり、救急医療

体制の充実につとめてまいります。

平成19年12月定例議会が、12月3日に召集

されました。

佐藤まことは、今議会では公明党新潟市議団を

代表し「取り調べの可視化の実現を求める意見

書」を提案。開会日当日の3日の議会運営委員

会ですべての会派の賛同を得、6日の本会議に

そのまま上程されました。

本会議では、趣旨説明の後ただちに採決され、

全会一致で採択。総理大臣や衆・参議長、また

法務大臣あてに送付されました。

<意見書の全文は議会活動の欄に掲載>

佐藤まことは、開会中の平成12月定例議会・市民厚生

常任委員会で、市民病院の医療事故に伴う損害賠償に

係る議案に対し質疑を行い、二度とこうした事故のない

よう再発防止を求めるとともに、そのためにもいずれの

場合であれ「責任を持つ」ことが不可欠であるとの考え

から、故意ではないにしても担当した医師としては結果

責任は負わなければならないとして、その処罰はどうな

るのかと厳しく問い糾しました。

平成19年12月5日、新潟市内にて新体制で初となる

公明党新潟第一総支部大会を盛大に開催しました。

これには市内の8支部から党員の代表60名が集い、

この1年の活動を総括するとともに、次の戦いの大勝

へ向け出陣する会合となりました。

佐藤まことは、総支部を代表して昨年度の総支部会計

決算報告を行い、満場一致で承認をいただきました。

ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
新潟市 佐藤誠
satou_makoto@nifty.com