menu

今日は、文科省に引き続き、内閣府の「まち・ひと・しごと創生部本部」の渡邉さんにお越しいただき、現在内閣府が進める「日本版CCRC」の推進状況や全国の先進事例について伺いました。
CCRCとは「継続的なケア付きリタイアメントコミュニティー」との意味で、アメリカで発祥した、おもに高齢者が継続的なケアをうけながら、自立した社会生活を送れる共同体です。日本では首都圏に暮らす方が、地方への移住し、安心して老後を暮せる仕組みを目指しています。
ちなみに、東京在住者の4割、特に10~20代の47%、50代の男性の51%が地方へに移住を検討したいとの調査結果がでております。私は札幌市でも早急に検討すべだと思っております。

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
札幌市 前川隆史
maekawa@sapporokomei.jp