斉藤 かつひろ 町田市議会議員

政策

未分類 / 2017年11月6日

女性、子育て支援に全力

小・中学校の給食費無償化

スクリーンショット 2017-11-05 0.48.10

成長期の子どもたちにとって、何より重要なのが「食」です。食育を進める上でも栄養バランスに優れた給食は、子どもの貧困対策の観点から、「食のセーフティーネット(安全網)」として重要です。家庭の経済的事情にかかわらず、子どもが十分な栄養を取れるよう、給食費無償化を推進し、温かくておいしい給食を提供します。

 

産前・産後ケアを拡充

スクリーンショット 2017-11-05 0.48.57

女性が出産後に孤立し、精神的に不安定になる「産後うつ」。児童虐待や母親の自殺 の原因になるともいわれています。

安心して子どもを産み育てられるよう、産後ショー トステイやデイケアの拡充、産後ドゥーラ(ケア支援者派遣)の導入など、切れ目の ない支援を確立します。

 

若者が輝く社会へ

文化・スポーツ振興で地域を活性化

スクリーンショット 2017-11-05 0.49.05

多くの人が気軽に文化・芸術に親しめ る機会をつくります。市民が文化芸術活 動をしやすい環境・仕組みづくりを進め、 町田市の地域文化の発展をめざします。

スポーツ振興では、「する人」「観る人」「支 える(育てる)人」という三つの観点か らスポーツを楽しめ、地域でつながりが 持てる社会を実現します。

 

無料Wi-Fi 環境の整備

スクリーンショット 2017-11-05 0.49.14

スマートフォンなどの電話料金 負担を抑え、手軽に情報を入手し やすくするのに有効なのが、公共 の無料 Wi-Fi(ワイファイ)です。

外国人観光客をはじめ、より多く の人に利用してもらえるよう環境 整備を進めます。

 

高齢者・障がい者福祉を充実

身近な地域で多様な健康づくり

スクリーンショット 2017-11-05 0.49.28

高齢者などの健康づくりを支援するため、音楽体操教室、町トレ(町田を元気にするトレーニング)、ロコモ予防、ウオーキングなどの多様なメニューを、楽しく行える環境をつくります。

また、65歳以上の市民の方が、介護保険施設などでボランティア活動を行った場合に、「ポイント」を集めて商品券などに交換できる「いきいきポイント制度」のさらなる充実も進めます。

交通不便地域の解消めざす

スクリーンショット 2017-11-05 0.49.33

交通不便地域の解消へ、超高齢化社会に備えた移動手段として、ワゴン車や乗用車などを活用したコミュニティーバス、相乗り自動車の導入を推進します。

 

ユニバーサル社会を構築

スクリーンショット 2017-11-05 0.49.48

障がい者福祉サービスを充実させるため、グループホーム増設などを推進します。

また、 ハード・ソフト両面のバリアフリーをめざし、障がいによって分け隔てられることなく、全 ての人が、相互に人格と個性を尊重し合いながら、共生できる社会の実現に全力を注ぎます。

 

安心で快適な街づくりを促進

文化芸術ホールの早期建設

スクリーンショット 2017-11-05 0.50.04

文化芸術ホールの早期建設に向け、市は「文化芸術ホール基本構想」の策定・検討を進め ています。

これに基づき、着実に同ホールが建設されるよう、引き続き尽力していきます。

 

「多摩都市モノレール」導入、小田急多摩線延伸

スクリーンショット 2017-11-05 0.49.56

沿線地域の活性化や人口増加、道路混雑の緩和につながる「多摩都市モノレール」の導入を 推進します。

また、小田急多摩線延伸で、新駅を中心とした小山田周辺の街づくりも進めます。