バックナンバー 2010年 6月

5月30日、伏見区御香宮において、第2回伏見南部ふれあいプラザが盛大に開催されました。これは伏見区本庁管内の各自治会が 参加。また、朝9時にJA向島支店を出発した向島花傘会を先頭に、千姫行列の一行30名は御香宮までを行進。沿道の皆さんから大きな声援を受けみな大喜び でした。

公明党京都府本部は18日、京都市内で政経セミナーを開催しました。これには、斉藤鉄夫政調会長らが出席。斉藤政調会長は公明 党の成長戦略について、環境、観光、農業の3分野を伸ばして、外貨を獲得し介護・医療の分野で雇用拡大を進めていく」と強調。「公明党の勝利で本当の景気 回復やデフレ克服を実現したい」と訴えました。

「通学バスの停留所までの距離が大幅に縮まり、助かっています」。笑顔でこう話すのは、京都市伏見区に住む岡村貴子さん。長男の明浩君が通う市立呉竹総合支援学校のスクールバスのルートがこのほど、公明市議の尽力で変更されたからだ。
障がいのある明浩君は、地元小学校を卒業し今年4月、同支援学校中学部に進学。しかし、事前の説明会で、スクールバスの最寄りの停留所は、自宅から約6キロも離れた京阪・淀駅の近くということが分かった。
「少しでも迂回運行してもらえないか」。市教育委員会と話し合う一方で、岡村さんは市議会公明党の曽我修議員に相談。同議員の後押しにより、明浩君の入学に合わせて、スクールバスのルート変更が実現した。新しい最寄りの停留所は、自宅からの距離は約100メートルと、大幅に短縮された。 「仕事もしているので、毎日の送迎にかかる時間が少なくて済み、とてもありがたい」と岡村さん。曽我市議は「交通不便地域に住む生徒にも、通学しやすい条件を提供すべきだ」と語っている。

5 月30日、伏見区御香宮において、第2回伏見南部ふれあいプラザが盛大に開催されました。これは伏見区本庁管内の各自治会が参加。また、朝9時にJA向島 支店を出発した向島花傘会を先頭に、千姫行列の一行30名は御香宮までを行進。沿道の皆さんから大きな声援を受けみな大喜びでした。

いつも大変お世話になり、誠にありがとうございます。5月定例会は市内商店街統一セールの支援、商店街通行量及び消費動向調査 事業、農業担い手育成事業など緊急雇用対策事業6億400万円を追加する予算案や国民健康保険の歳入不足額82億円を補う補正予算案など31議案を可決 し、閉会いたしました。

●京都市看護短大廃止条例案が可決さて、注目の京都市看護短期大学の廃止条例案が公明、民主、そして、自民党の一部の賛成によ り可決しました。この条例案は2月市会において自民、共産党の反対により否決されたものです。京都市は、今後市立看護短大の教員の受け入れ先について、京 都橘大学などと協議をする。また、私大の看護学科を対象とした、奨学金制度も10年度中に新設する方針で進めることとなりました。

●「誰もが安心して暮らせる、消費市民社会」に! 門川市長に対し、新しい消費者政策に関する提言をまとめた研究報告書を手渡し、実現を求めまし た。市長は市議会公明党の精力的な政策研究・提言活動を高く評価したうえで『安心して暮らせる京都の実現を目指したい」と答えました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
京都市 曽我修
o-soga@par.odn.ne.jp