バックナンバー 2011年 6月


 6月20日(月)の午後は、公明党京都府
   議団で宇治市
の京都府宇治支援学校
   を訪問。
   今年4月13日に開校されたこの学校は、
   障がいのあるこどもたちの自立と
   社会参加を目指す教育を、地域と生き
   る学校をコンセプトにさまざまな取組み
   をされています。
   おむかえバスは雨天でも支障のないよう、
 ㊧写真のようなバスターミナル式に。

 
 4F屋上には㊨写真のような、すばらしい
  プールがあり、ハード面は万全のようで
  ある。
 しかし大切なのは、生徒さんたちの
  能力を最大限にひきだし、またのばして
  いただけるソフト面の教育の取組みで
  あるが、そこには、試行錯誤を含め
  松本校長先生をはじめお仕事をされて
  いる職員の方々の、日々の奮闘が
  ありました。
  「地域の方々とともに生きる学校に
  なんとしても築きあげて行きたい!」 
  校長先生の深い決意が
  伝わってくる今回の調査であり、
  我々も全力でサポートしてまいります。


  
 
 

九条新千本を南に下がった唐戸町の北
行きバス停(マークスゲートむかい : 
みゆき寿司前)にベンチを設置して欲しい
と高齢者のお声を多数の方々から
いただき、なんとかならないか?
とすぐに大道市議に連絡をとりました。
現場調査を2人でおこない、写真どりも
含め要望書を作成致しました。
交通局とのやりとりの中で、何年か前にも
同じ要望があったが、歩道の幅がベンチ
設置要件よりも狭いものであったり、他
さまざまな理由で実現をみないもので
あった事が判明。
また、マークスゲート側には同じ歩道の幅にもかかわらず、利便性を考え、
行政関係者の努力もあり設置された経緯がわかりました。
そこで今一度粘り強く、交通局に要請を行った結果、行政関係者及び地域住民の方々の
ご協力により、6/15日(水) 念願のベンチが設置されました。
お声をいただいた方々はもちろんの事、バス利用者の方々からも
「助かります。ほんまにおおきに!」と大変に喜んでいただき、
普段は車であまりバスを利用されない子育て奮闘中の若いお母様
からも子供とバス停の前を通った時に、バス待ちの高齢者の方々をみて、
「御気のどくだなぁ-」っと思っていました。本当によかったデスネ!

本来バス停関係のことは市バスの名前のとおり、市の管轄。市→市会議員となりますが
公明党のチーム力と府市協調でスピーディーに、ご要望にお応えさせていただくことが
でき、うれしいかぎりです。

幸齢者の方々が安心・安全に暮らしていただける、街ナカ実績App@第1号 !

 
 

 

  

京都府は、1968年、慶応4年 閏
4月29日、太陽歴に
 して6月19日
に開庁され、本年で満143年を
 
迎えました。
 本日はこの開庁記念の式典に公務として参加。

 記念演奏では福知山にある、
 京都府立工業高等学校吹奏学部
(Mambou Jazz Band) の
 皆さまが、Jazz演奏を披露のあと、
 開式となりました。
  このJazzクラブは、工業高校のため音楽室がなく、視聴覚室で練習をしておられるとの事。
  しかし逆境をものともせず、高校のクラブ活動の域を超えた、素晴らしい音色を
  聴かせていただき   感動  ! ! 
 
 

 
 
 式典の最後には、15名の留学生の方々が
 京都府名誉友好大使の任命を受けられ、
 
民族衣装をまとったクウェートの女子
 留学生が
代表の挨拶を。  

 京都府と世界各地域との友好の「かけ橋」
 となられ、生涯に残る留学生活をおくって
 下さるよう、 多いに期待しております。

 

平成23年度の京都市消防団査閲が、6月5日に開催され南消防団からは、上鳥羽分団が代表として出場されました。

分団長の凛とした号令、指揮のもと、団員皆さまの呼吸もピッタリで、
見事 第1位 の栄誉を!

仕事が終わってから食事もせず、消防団に駆けつけて任務につかれていた方もおられるとお聞きしました。
地域の安心・安全のため団員の皆さまを支えてくださっているご家族の方々に対しましても感謝の思いでいっぱいです。

 

6月5日には社団法人 京都府歯科医師会が主催の「歯のひろば」のイベントに大道義知 議員等同僚議員と共に参加させていただきました。
場所は二条駅前の千本通に位置し、オープニングのテープカット前から長蛇の列。
ここでも国民文化祭のPR隊長の「まゆまろ」が大人気で、笑顔の子供さんと一緒に写真を撮られるお母さん、お父さんも大変有意義な時間を過ごされたのではないでしょうか?
私も2・4・8才の3人の子供を持つ親として一言。

お願い、頼む。わが子よ 
大きな口をあけてちょうだい。きちんと歯をみがいて!」 ・・・

あとで飴あげるから♥♥

センター2Fには「川柳コンテスト」の入選作品も掲示されており
南区の方の  「気がつくと 飲み屋に忘れた 総入歯 が見事入選。
おめでとうございます。

そのあとは、1Fにある 京都歯科サービスセンター中央診療所を見学。
この施設は障害をおもちの患者さんのための診療を行っておられるため
車いすでも自由に診療所内を行き来できるようとっても広々としたスペースで
安心して治療を受けられる、素晴らしい診療所でした。

 

 

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
京都府 小鍛治義広
kokaji@hera.eonet.ne.jp