Archive for 2015年 8月

25日台風15号が通過。朝から電話があり現場を見に行きました。雨漏り、倒木の被害。皆様はいかがでしたか?自然の驚異は恐ろしい程に力があります。まだ、台風シーズンは続きます。自然の力は止められませんが事前の対策で少しでも被害が少なくなるように。特に台風対策のために家の周りは風で吹き飛ばされるものを置かないように。してまいりまいりましょう。

今日8月15日、先の大戦が終えて70年をむかえました。先の大戦で亡くなられた皆様にお悔やみ申し上げます。また、家族をなくされた遺族と今もなお悩み苦しんでいる方々に心からお見舞いを申し上げます。

さて、先の大戦が終わり70年。これまで、日本は平和憲法のもとに平和をつら抜いてきました。私たち公明党も平和の党として、平和への努力をしてきました。しかし、今、日本を取り巻く環境には不安材料となるものが数多くあります。核、ミサイル、無人兵器などなど。これからも日本が平和で有り続けるためには何をしたらよいのか。これまでも日本は平和への努力をしてきました。今、この時に先の大戦の歴史をしっかり学び更なる努力をしていくことが後世を生きる私たちの使命ではないでしょうか。

 

IMG_12668月7日に南小学校施設整備検討委員会で、市長あてに「久留米市立南小学校施設の充実についての要望書」を提出しました。南小学校は市内でも児童数1059人と最大規模の学校ですが、これまで、分離問題があったため、なかなか本格的に手を入れることができませんでしたが、特別支援学校も新しい校舎が立ち、南小学校も分離しないことで、南校区として”南小学校等施設整備検討委員会”を立ち上げ、検討を進めてきました。この度、先のとおり、市長に対して要望書を提出しました。(委員長:甲斐田、副委員長:田中)

DSCF24247月27日から30日にかけて行政視察に行ってまいりました。①福井市の学校教育についての取り組み②富山市のLRTネットワークの形成についての取り組み(公共交通の活性化)③苫小牧市の認知症施策の取り組みについて 視察研究してきました。どの項目も久留米市にとっては課題であり大変勉強にもなりました。

学力調査ではいつもトップレベルにある福祉位の学協教育については教職員の方々が自分の時間を返上しながら取り組まれていることに感心しました。第三者から見ると大変そうなことが当たり前のように、この地域に染み込んでいるのを感じました。文化地域性の違いでしょうが。

DSCF2421富山市の交通施策については、只々感心するのみでしたが、TRLネットワークの形成により過度に車に依存していたライフスタイルを見直し、歩いて暮らせるまちを実現してあり、久留米も車依存的なところが有ることから大変参考になりました。

苫小牧市の認知症施策についての取組みについては、全国的に課題になっていることを先進的に取り組まれており、久留米市としても一層の取り組みが必要と感じました。

 

Twitter
田中こういち
外部リンク
サイト管理者
久留米市 田中功一
koichi.komei1410@vir.bbiq.jp