バックナンバー: 2017年 2月

DSC_0491
本日は市川市国際交流協会設立15周年の集いに参加いたしました。
写真の成田会長の挨拶に続き、市長、市議会議長の挨拶のあと、感謝状贈呈が6名に授与され、ピアノとバイオリンの記念演奏等が行われました。
異文化交流の最前線でご尽力されている会員皆様のご活躍に敬意を表し、今後のますますのご発展をお祈り申し上げます。

2017/02/23
本日から代表質問が始まり、日程の通り公明党から順次開始されていきます。
私からは6項目の補足質問を行います。質問概要は以下の通りです。
①婚活支援事業の今後のイベントと展開について
②子育て世帯同居・近居スタート応援補助金制度の概要と協賛店への協力体制について
③介護予防と認知症対策について及び介護認定審査委員の報酬改定について
④イルミネーション事業の桜並木への拡充について
⑤北方町地区の地区計画概要と課題について
⑥市川市ふれあいグルメ券の詳細と運用について
代表質問日程代表質問映像

会期日程
昨日15日に議会が開会し、3/17までの会議日程となりました。
今回は代表質問の補足質疑者として2/23に質問させていただきます。
昨日は、市長からの平成29年度施政方針、教育長からの平成29年度教育行政運営方針が示され、予算含めた27項目の議案が提出されました。

2月の定例議会を前に船橋市役所へ、先進市の取り組みとなる「緊急一時支援事業」と「生活・介護支援サポーター事業」について学んでまいりました。
船橋市高齢者福祉課の土屋課長はじめ4名の職員と、事業委託先である船橋福祉サービス公社の4名の方々に事業説明していただきました。
緊急一時支援事業においては、65歳以上のひとり暮らしもしくは高齢者のみの世帯で、介護認定を受けていない方を対象に、緊急時の一時的な支援サービスを1時間ごと500円で受けられる事業で、平成22年4月から実施されております。
生活・介護支援サポーター事業においては、65歳以上の介護が必要な高齢者を対象に食事の準備や買い物等の軽易な家事援助を1時間ごと500円で受けられる派遣事業と、60歳以上を対象に研修を実施し生活・介護支援サポーターを養成する養成事業とを併せ持って展開しております。元気な60歳以上の方々が地域や介護現場で側面から支援するこの取り組みは、同じく平成22年4月から実施されております。
高齢者施策のこのような船橋市の取り組みに、市川市も見習うところが沢山ありました。高齢者へのアウトリーチの取り組み、元気な高齢者の社会進出の場づくりなど、2025年を見据えて本市でも取り入れられないか要望してまいります。
DSC_0490

_20170206_094704
3日(金)の夜、千葉県唯一の夜間中学校に公明党市川市議団有志で視察に行って来ました。
市川市立大洲中学校は昭和57年4月に開級して35年が経ちます。現在籍生徒は18名で3クラス、中学就学年齢を超えた10代から60代までの千葉県内の方が学んでおり、授業は平日の17:20から21時まで4時限です。
今回は学校経営の紹介を説明いただいた後、授業の模様も見学させていただきました。どのクラスも少人数ながらの温かいきめ細かい授業を行なっていました。
見学後には学校現場での生の声を伺わせていただき、さまざまな問題や課題も確認させていただきました。

collage-1486084244279
北方1丁目と3丁目の境となるこの道路は抜け道として利用者が多く、道幅4mの交互通行道路で、狭く危険性が高い道路ですが、道路のびび割れがひどく、補修しても暫くするとひび割れ補修が必要となっていました。
原因を調査してもらったところ、地下水が道路底面に溜まることが判明したため、地下水を集める排水管を側溝脇に設置し、舗装しなおす工事を実施していただきました。これにより、地下水は排水管を通って既存の側溝へと流れることとなり、道路の傷みは大きく軽減されることと思われます。
写真は補修後の両方向から見たものですが、消えかけていた路面塗装も塗り替えていただけました。工事は1月中旬から2週間かけて行なわれました。

collage-1485932791611
本日は千葉県8市合同の議員研修会が流山市文化会館にて行われました。
この研修会は年に1回行われ、今回で2回目の参加となりました。
参加市は、松戸・野田・柏・流山・我孫子・鎌ケ谷・浦安と本市の8市となります。
本日の講演は、国会官邸のキャップを務められる日本テレビ報道局解説委員の青山和弘様に「安倍政権の実像と本音」と題してご講義いただきました。
政治に関わる記者の視点と正しい報道の観点についてとても勉強になりました。さらには市をまたいだ研修会でもあり、刺激をいただきました。