バックナンバー: the ‘視察’ Category

本日午後から江東区の塩浜に完成した第15番目の特養の内覧会に議員団で行ってきました。

敷地面積2334.10㎡、鉄筋コンクリート造り地上5階の建物です。ベランダからは川も近くにあり、明るく景観にも恵まれた施設でした。

特別養護老人ホーム98名、介護ケアハウス30名、都市型軽費老人ホーム8名、老人短期入所(ショートステイ)12名。そして1階フロアは、全て地域交流スペースとなっておりました。地域に密着した非常にオープンでとても印象が良かったです。

事業者の社会福祉法人こころの家族の施設長からの説明もありましたが、昭和63年にこころの家族を設立し、京都、神戸、大阪、堺に「故郷の家」を作ってこられました。日本人だけでなく外国人も入れる老人ホームというのが特色で、特に韓国の子供たちの支援をしてきたこともあり、江東区では在日韓国人の方々にも入れるようになっておりました。

在日の外国人たちも「ふるさと」にいる気持ちで暮らせることを目指していて、とてもあたたかい施設でした。オープンは11月とのことです。

施設概要玄関P_20161020_150038P_20161020_150121P_20161020_144857P_20161020_145359P_20161020_143630P_20161020_143719

 

 

 

 

 

 

1日目 富山市「シティプロモーションの推進」

JpegJpeg

~選ばれるまちづくり事業について~ まちの認知度とイメージを高めるための取り組みを総合的、戦略的に実施していました。《「とやま」といえば食・自然・薬》というシティプロモーションで売り込む。名刺や封筒にもそれらのイメージを入れて、かつ「立山仰ぐ特等席 富山市」を入れ込んでいる。市民参加もあり、名刺の絵柄は各自が富山市のフレーズの中にプロモーションして戦略的な情報発信をしている。また、北陸新幹線に合わせて首都圏へのPRを実施、ANAとの提携なども行い、優待などのインセンティブキャンペーンを実施している。人口減を解消するために将来の人口増を狙っている。特に暮らしやすさを強調するために富山のおいしい水や食に力を入れ、Uターン対象者が増えるようにしている。

JpegJpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

庁舎の入り口側には壁にお花が飾られており、とても素敵でした。またモダンな建築で空間も高く、展望台もあり富山市が一望できました。議場も大変素晴らしかったです。

 

2日目 金沢市【交通対策事業】

FB_IMG_1472194882043

新幹線を降りるとロボットが金沢市をご案内。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~自転車利用環境向上の取り組みについて~

事業内容として「はしる」に関する取り組みでは自転車の走行空間を整備。例えば一方通行にあっても路線空間がわかるように行っている。「とめる」に関しては生活圏の中では自転車を使うことがあまりないが、既存の市営駐車場の利用促進を図っている。「つかう」に関しては市民や来街者が気軽に利用できるレンタルサイクルを導入している。電車に自転車を積載する「サイクルトレイン」の推進を軸に、公共交通機関との連携を図っている。「まもる」に関しては自転車利用ルール・マナーなどを広く市民の人たちに周知してもらうために市民、企業、市民団体、学校関係者、交通事業者等の協働により子供から大人、そして高齢者まで各公民館で自転車利用者に対する意識啓発活動を実施している。

JpegJpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

庁舎の前にある金沢21世紀美術館内でランチ&少々見学。

JpegJpeg

 

 

 

 

13時~14時40分、36度という中で兼六園・金沢城公園視察。管理事務所の職員によるガイドでした。1時間半、暑い中ありがとうございました。

P_20160825_133456JpegJpegJpegJpegJpegJpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目 福井市【観光事業】

Jpeg

JpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~観光おもてなし市民運動について~

北陸新幹線の開通により福井市を訪れる観光客が「再び訪れたい」と思うような観光のまちづくりを進めておりました。特に力を入れているのが「観光おもてなし市民運動」が進められており、市民をはじめ観光関連団体が市民葬ぐるみで取り組んでおられました。おもてなしへの理解を深めるための講習会や、おもてなしの心を表現する技や知識を吸収する研修会が実施され、観光おもてなし体験だよりの募集をし、「おもてなし」として団体や個人を表彰していく「感動おもてなし大賞」なども実施しておりました。観光おもてなし市民運動推進会議が行われており、市民をはじめ観光事業者や関連団体、業界、行政が一体となっての「観光おもてなし市民運動」の取り組みが活発に行われていました。

Jpeg

担当職員の皆さまの説明および態度そのものがおもてなしで溢れていて感動いたしました。感謝!また福井市に行きたいと思います。

JpegJpeg

 

東京駅から高速バスに乗り1時間弱で君津バスターミナルに着きます。車で5分のところに介護住宅君津常代交流センターがあり視察。

2016年1月にリニューアルオープンし、入居者の1か月利用料金は家賃・食費・共栄費・雑費合わせて85,000円。タンクに温泉をつぎ込みユニットバスで温泉に入ることができます。2棟あり、別棟にはエレベーターを取り付けて2人部屋が8部屋。とても生活しやすい間取りになっています。ここでは近い将来ミャンマーから介護士を目指す人たちの宿泊もできるようになっています。経営者は鈴木明夫氏です。

鈴木氏が主催で毎月開催しているコンシェルジュ会があり、本日参加となりました。場所移動とのことで、「特別養護老人ホーム「夢の里」」に向かい、特養のあまりの広さにびっくりしました。経営者は天笠寛氏。社会福祉法人志真会の理事長もなさっており、また東京経済協同組合の首都圏本部長でもあられます。ご多忙の中お会いすることができ、ご本人が作られた地域密着型の「特養老人ホームつばさ」のお部屋や岩風呂、ロビーなどをご案内していただきました。周りの田園風景も遠くに見える山々も大変広々として美しく、素晴らしい特養であることを羨ましく思いました。

Jpeg

Jpeg

左手前は一級建築士の伊島一欽氏「住宅のリフォームと地域経済」について講演。

Jpeg

青木清氏「人間力」開発セミナー。昭和11年1月1日生まれ、平成27年4月日本民間教育大賞受賞。

 

午後2時から4時まで第102回コンシェルジュ会がこの施設の会議室で開催されました。約30人ぐらいの方が集われていて、3人の方に専門分野からのお話を30分ずつ講演という形で伺いました。そのあと全員が自己紹介をし名刺交換などして交流をいたしました。集われた皆様方が専門的な分野で日本のみならず世界にまで働きかけている実績が私にとっては大変勉強になりました。鈴木社長、お招きいただきまことにありがとうございました。ご縁を大切にしてまいります。

JpegJpeg

小学校は昭和43年4月から、幼稚園は昭和46年に改築されましたが、古くなったため平成26年4月1日から改修工事となり、このたび完成しました。ワークショップを取り入れ、児童や職員、地域の皆さまの第二亀戸小学校・幼稚園に対する「気づき」「想い」PTA代表、町会代表によるグループ討議を行い、職員室には壁がなく、カウンターを置いたのは初めての試みである。校庭は明るいブルー。施設内は木工も多く、児童と幼稚園児の用途にと活かされている。地域でも活用できる体育館は広く高くかなり多機能に整備されています。

また、吹き抜け空間で気楽に調べ学習ができる「亀ラボ」もある。亀の甲羅を象った六角形のボックスなども印象的でした。

3月24日の卒業式も新校舎から行えることに地域の皆さんは喜ばれる事でしょう。

 

Jpeg

5階プールサイドから見た校庭のブルーと中芝生。

Jpeg

空の教室の入り口。

特別支援の個室もあります。

特別支援の個室もあります。

Jpeg

空の教室の黒板。

Jpeg

空の教室に入ったら足元にあります。

 

 

Jpeg

5階屋上のプールには目隠しテントがあります。

P_20160222_144250

3階にはスカイツリーテラスがあります。

森下児童館は施設の老朽化により休館していましたが、改築工事が完成し、平成28年3月17日から再開されます。

4階建てで、1・2階が保育園、3・4階が児童館となっています。2階にはプールがあり、4階屋上には遊技場があり、屋上緑化もされてます。保育園の階段は森のイメージを汲みだして緑の階段です。

コンセプトとして、
1.元気を育てるお手伝い~狭小地域を有効に~半屋外空間の創出と異年齢交流「もりっこ」の充実
2.地域への貢献~住宅地の中にある施設として~形状により日陰に配慮と明るく活発な色彩
3.森下の森つくり~様々な緑を感じる空間に~地上部と屋上に魅力的な植栽と、仕上げの色にイメージとして緑を使用。

保育園の階段も緑色で囲まれ、緑につつまれるイメージです。
狭い敷地の中にあってもコンパクトに機能が完備され、木工のやさしさもあり、とても良かった。

P_20160222_133444

JpegP_20160222_132721 (1)

 

(株)ヤマシタコーポレーション 東京東営業所は江東区の大島にあります。介護ベッドや車いす、歩行車といった福祉用具を体験することができます。今日は公明党厚生労働部会会長の古谷範子副代表のほか、高木美智代衆議院議員、矢倉克夫、佐々木さやか両参議院議員、江東区議会公明党のメンバーが同行し、体験をさせていただきました。

介護保険給付付きの対象となっている福祉用具は、適切な使い方をすると、例えば転倒する方がその人にあった適切な歩行車を利用すると転倒しなくなるという予防にも役立つことが説明されました。しかし介護軽度者であると必要な福祉用具が低額とは限らなくなるという国の動きがあり、現状どおり給付対象にすべきであるということ、また介護のロボット化が進んでゆくと予想されている中、例えば訪問介護を一日一回だけ一ヶ月行う場合かかる経費と、介護保険を使って福祉用具を一ヶ月利用するのとでは、その差額は約5万円近いということの説明もありました。大変に参考になりました。

福祉用具は自立した日常生活を助けます。区民の皆様が生活の中で福祉用具を適切に使っていけるよう普及に努めたいと思いました。

JpegJpeg

Jpeg

障害体験。オレンジで巻いてある膝は曲がりません。

JpegJpeg

 

 

 

午後1時からの文教委員会を終えて、文教委員全員と教育委員会の皆様と区立小名木川小学校のICT教育を視察してまいりました。江東区内内にはICT教育のモデル校として小学校と中学校が1校ずつあります。

Jpeg

今回のの視察は4年1組で、社会科の授業でした。31名の児童たちは全員がタブレットで授業を受け、先生もタブレットで送信しながらプロジェクターで黒板に画面を映し皆で東京都の地形についての勉強でした。子供たちは全員が先生の問いにタブレットを動かしながら記入し、元気に発表をしていました。指で画面を拡大し、地形についても様々な「気づき」が子供たちから発表され、素晴らしいと思い、大変参考になりました。

そのあと、学校の校長先生はじめ教職員の方々と意見交換をさせていただき、今後の期待や課題についても話し合うことができたのも有意義でした。

Jpeg12513528_1644678112462770_7553943569901940208_o

16日は長崎市役所。「地域コミュニティの仕組みづくりプロジェクト」について。次に、 有限会社デジタルメディア企画を訪問し、介護予防事業支援「認知機能向上システム」を拝見してきました。

 「地域コミュニティのプロジェクト」では、「地域年間カレンダー」が住民の方々に配布され、地域の行事や企画イベント等に自由に参加できるよう作成されておりました。また、地域内の町会とあらゆる団体が一堂に会して「地域円卓会議」が行われていることに地域コミュニティ構築の為のカギがあると思いました。また、認知機能向上のためのタッチパネルを用いたエクササイズを視察し、運動だけではない新たな方向性を感じました。

Jpeg Jpeg   JpegJpeg長崎駅から博多駅へ新幹線「かもめ」で移動、車体は黒色でした。博多に着いてホームの向かいに長崎行きの「かもめ」の車体は白色でした。Why?

そして、17日は災害に備えた「自助啓発冊子」について。本区の冊子もお渡しを致しましたが、福岡県は毎年、河川の氾濫や洪水の災害に遭っているところでもあり、かなり河川の氾濫には注意警報等々力を入れていることが分かりました。

また、「青少年アンビシャス運動」については、運動を開始した背景には現代の子供たちを取り囲む環境がいじめ、校内暴力、不登校の子供が増えたり、子供たちが社会のマナーを大切にしなくなったり、思いやる心がなくなってきた現状の中で、子供たちが学問に限らず技術、芸術、スポーツなどをもって生きていくためにどのようなことをやっていったらよいかという事で、家庭、地域、企業などが合致した新たな県民運動として平成13年5月から開始したということです。以来、約15年経ったわけですが 平成18年には第二期への提言なども行い、さらに平成23年11月には第三期への提言も行っています。地域との連携、そして企業・団体の理解の下で青少年の育成に力を注いでいることに感動いたしました。 Jpeg ハードスケジュールの視察でありました。また、両日ともに寒い日で、16日の長崎は雨で、17日の博多の朝は初雪でした。

9月24日オープン!

地下1階、地上12階。鉄骨造りですが、木がふんだんに使われておりました。
コンセプトは「里山」。8階から12階屋上までテラスが木の植え込みで緑化されています。屋外テラスは吹き抜けになっていて、天井には木材が斜めに配置されています。

Jpeg

 

P_20150731_135809P_20150731_133829

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P_20150731_134400P_20150731_134438

Jpeg

子供の図書館。書棚も小さくなっています。

P_20150731_135234

図書館(一般用)。壁面がガラスで、外が開放的。真っ直ぐ進むと窓の先に海。

P_20150731_140731

シビックセンターフロアー。高さ7.5メートル。星座をイメージして天井にライトが散りばめられている。

P_20150731_140720

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jpeg

シビックセンターホール。客席300。音響反射板が特徴。ピアノは贈呈されたものだそうです。

P_20150731_142808

イタリア製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P_20150731_135653

8階

Jpeg

1階ギャラリー。ミストが出ます。

P_20150731_144346

白虎の像。これで江東区内には四神の像が揃いました。

 

 

 

 

Jpeg

Jpeg

Jpeg

Jpeg

江東区立富士見高原学園は長野県諏訪郡富士見町にあり、海抜1220メートルの大自然の中にあります。
区立の中学校の移動教室ということで4年半前にも1度視察いたしました。今回は2回目ですが、前と比べてトイレも洋式になって綺麗になっておりました。この学園は昭和45年6月30日に開設され昭和59年3月増築。平成21年には耐震補強を行ったそうです。利用定員は300人。中学校の移動教室として2泊3日、夏季合宿で3泊4日の使用形態。そして社会教育団体のみの利用が可能ということで、昨年はオーケストラ演習にこの学園が使われたそうです。
木造の古い建物ですが、風情があります。クーラーや扇風機も設置されていません。しかしながら今日のような暑さでは扇風機ぐらいは必要かなと思いました。