バックナンバー: 2016年 8月

食品ロスについて勉強をいたしました。講師は井出留美さん。女子栄養大学・石巻専修大学非常勤講師。消費生活アドバイザーとして食品ロスの現状と削減のためにできることをテーマに活躍している方です。食品ロスは企業からと家庭から生じるということで、私も日常生活の中で食品ロスがないよう努力してゆきます。また、フードバンクについては今後も研究していきたいと思います。

JpegJpegJpegJpeg

 

木場公園多目的広場で行われました。雨模様で心配されましたが、気候的には少し涼しく大変良かったと思います。

首都直下地震に備え、町会長はじめ各町会・地域に携わる防災関係者も多く集まり、アナウンスも大変よく今年は大変丁寧で分かりやすく地域防災力が高められたと思います。ありがとうございました。

P1070386P1070389P1070394P1070398P1070396P1070397P1070404P1070405P1070420P1070425P1070432P1070409

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、私は、聴覚障害覚者福祉推進協議会の皆様から緊急時に備えて手話を教えていただきました。ありがとうございました!

1日目 富山市「シティプロモーションの推進」

JpegJpeg

~選ばれるまちづくり事業について~ まちの認知度とイメージを高めるための取り組みを総合的、戦略的に実施していました。《「とやま」といえば食・自然・薬》というシティプロモーションで売り込む。名刺や封筒にもそれらのイメージを入れて、かつ「立山仰ぐ特等席 富山市」を入れ込んでいる。市民参加もあり、名刺の絵柄は各自が富山市のフレーズの中にプロモーションして戦略的な情報発信をしている。また、北陸新幹線に合わせて首都圏へのPRを実施、ANAとの提携なども行い、優待などのインセンティブキャンペーンを実施している。人口減を解消するために将来の人口増を狙っている。特に暮らしやすさを強調するために富山のおいしい水や食に力を入れ、Uターン対象者が増えるようにしている。

JpegJpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

庁舎の入り口側には壁にお花が飾られており、とても素敵でした。またモダンな建築で空間も高く、展望台もあり富山市が一望できました。議場も大変素晴らしかったです。

 

2日目 金沢市【交通対策事業】

FB_IMG_1472194882043

新幹線を降りるとロボットが金沢市をご案内。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~自転車利用環境向上の取り組みについて~

事業内容として「はしる」に関する取り組みでは自転車の走行空間を整備。例えば一方通行にあっても路線空間がわかるように行っている。「とめる」に関しては生活圏の中では自転車を使うことがあまりないが、既存の市営駐車場の利用促進を図っている。「つかう」に関しては市民や来街者が気軽に利用できるレンタルサイクルを導入している。電車に自転車を積載する「サイクルトレイン」の推進を軸に、公共交通機関との連携を図っている。「まもる」に関しては自転車利用ルール・マナーなどを広く市民の人たちに周知してもらうために市民、企業、市民団体、学校関係者、交通事業者等の協働により子供から大人、そして高齢者まで各公民館で自転車利用者に対する意識啓発活動を実施している。

JpegJpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

庁舎の前にある金沢21世紀美術館内でランチ&少々見学。

JpegJpeg

 

 

 

 

13時~14時40分、36度という中で兼六園・金沢城公園視察。管理事務所の職員によるガイドでした。1時間半、暑い中ありがとうございました。

P_20160825_133456JpegJpegJpegJpegJpegJpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目 福井市【観光事業】

Jpeg

JpegJpegJpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~観光おもてなし市民運動について~

北陸新幹線の開通により福井市を訪れる観光客が「再び訪れたい」と思うような観光のまちづくりを進めておりました。特に力を入れているのが「観光おもてなし市民運動」が進められており、市民をはじめ観光関連団体が市民葬ぐるみで取り組んでおられました。おもてなしへの理解を深めるための講習会や、おもてなしの心を表現する技や知識を吸収する研修会が実施され、観光おもてなし体験だよりの募集をし、「おもてなし」として団体や個人を表彰していく「感動おもてなし大賞」なども実施しておりました。観光おもてなし市民運動推進会議が行われており、市民をはじめ観光事業者や関連団体、業界、行政が一体となっての「観光おもてなし市民運動」の取り組みが活発に行われていました。

Jpeg

担当職員の皆さまの説明および態度そのものがおもてなしで溢れていて感動いたしました。感謝!また福井市に行きたいと思います。

JpegJpeg

 

ケンブリッジ飛鳥の応援を終えて参加。

~地域との交流を深めよう~というテーマの元、皆で歌ったり踊ったり一体になって大いに楽しみました。自分たちが作った作品を販売したり、とても有意義でした。

私は、江東区のゆるキャラ「コトミちゃん」とツーショット!

コトミちゃんも最初は照れていましたが、とても嬉しそうでした。

JpegJpegJpegJpegJpegJpegJpeg

リオデジャネイロオリンピック陸上男子400Mにケンブリッジ飛鳥が出場。

8月13日(土)予選 午後11時50分スタート。深川スポーツセンターには午後9時半から地元の人たちが集まって応援しました。結果は1位。大いに興奮しました。

8月20日(土)決勝 午前10時40分スタート。午前中の激しい雨にも関わらず、多くの方が集まって必死に応援をいたしました。結果は2位、銀メダル!!!

素晴らしい!歴史を作った男子400Mリレー4人におめでとう。そして感動と夢の実現をありがとう!

2020東京オリンピックがさらに身近になり、楽しみになりました。やっぱりオリンピックは素晴らしいと思いました。開催できることを誇りにし、私も頑張ります。

JpegJpegJpegP_20160820_104706

JpegJpegJpegJpegJpegJpeg

 

 

午後7時、森下3丁目町会会館より、お神輿が町内を巡行。

スタートにあたり、私もご挨拶をさせていただきました。

この陰まつりは、森三睦会が主催し、沢山の方面からの睦会も協賛して盛大に行われています。この時刻には雨も上がり風も吹いてきて大変素晴らしいお神輿の巡行ができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

「臨海ぼんおどり」(7月18日~)平野2丁目、三好3丁目、八名川地区連合(6町会)、元加賀地区連合、深川1丁目の盆踊りに参加させていただきました。

今年は、ちいちゃな子供さんたちが多く集い、元気に踊っていました。時代をしっかりつないでいけるよう、地域ぐるみの世代を超えた集いをこれからも支援してまいりたいと強く思いました。

盆踊り大会で沢山の皆さまとお会いでき、お話をさせていただきました。ありがとうございました!

JpegJpegJpegJpegJpegJpeg

 

 

本区のこの花火大会は昭和57年に砂町地域住民の融和と発展を願って砂町花火大会を開催したのがきっかけです。その後、現在の江東花火大会に発展しました。今もなお砂町地域の町会・自治会、青少年対策地区委員会、消防団の皆さんが警察署の指導のもと一丸となって場内整理や誘導を行っております。「夏の夜の祭典」ということで、荒川・砂町水辺公園で開催。約4000発打ち上げられます。昨年の人出は約35万人。今年は気流の関係で天候が危ぶまれましたが、この時刻からは好天となりました。

1幕は「幸せの国へ」。2幕目は「魅惑の果物を召し上がれ」、3幕目は「終わりなき夢」でした。素晴らしい花火大会となりました。これからも下町の風物詩として力を合わせてこの花火大会を盛り上げていきたいと思っております。運営に携わった皆々様に感謝!!!

P1070282P1070285P1070299P1070376P1070339P1070370