バックナンバー: 2016年 5月

芝浦工業大学豊洲キャンパスで、2016東京会議が5月28日と29日の二日間にわたり開催されました。

今回は「持続可能な地域づくりに他の力の利用は有効か?」や「外の力を利用した地域づくりへの挑戦」という内容の大会でした。私が参加したのは29日のみで、シンポジウムへの参加でした。

1.「環境教育・ESDによる地域創生とは何か」について講師は立教大学社会学部教授・同ESD研究所所長 阿部治氏が話されました。私自身もESD教育に大変興味があり、お尋ねしたいこともありましたので大変勉強になりました。

2.「対馬市における地域創生と人づくり」については対馬市しまづくり戦略本部 新政策推進課の前田剛氏がお話をしてくれました。まさに島の外から、人や技術を取り入れ、島の人口を増やし、独創的な施策をつくりあげ、島が発展していく様を目の当たりにさせて頂きました。やはり地域創生は、まず人づくりが大事であると実感いたしました。

3.「参加者によるワールドカフェ」というタイトルで、全国から参加した人たちが6グループに分かれて段ボールで作った円卓を膝に乗せ、それぞれの自治体の紹介と、今回のシンポジウムから感じたことを円卓に素早く書き込み、グループごとにまとめて発表。各テーブルを自由に回って座った円卓を囲み、「持続可能な社会をつくる」ためのテーマが与えられ、また自分の意見を円卓に記入し、そのテーブルごと意見をまとめて発表していきます。限られた時間の中で、まとめて発表していくというスピードがよかったです。

午後からは一般発表があり、私たちの教室では「市民参加・まちづくり」系の分野でしたが、芝浦工大教授の志村秀明氏からは「市民組織の連携による江東内部河川・運河の活用」の発表があり、私にとって大変に参考になりました。次に一般社団法人エコまちフォーラム専務理事の中丸正氏からは「自治体支援プログラムとエコまち塾」ということでご自身の仕事の内容が話されました。

最後に岐阜県多治見市役所環境文化部環境課の課長である澤田誠代氏から「市民が自らステーションを管理するゴミの分別収集」についての発表がありました。質疑応答も大変参考になりました。

また、多治見市の上記発表者の澤田さんは私が4、5年前にいじめ防止条例の件お電話でおたずねしたときに担当されていた課長さんで、ご親切に教えてくださった方でした。名刺交換の折に澤田さんが私のことを思い出して下さり、奇遇で驚きましたがご縁を感じ大変うれしく思いました。

老人クラブ「年輪会」は、私が議員になって初めて紹介していただき、お招きいただいた会です。あれから6年経ちますが、毎年、総会や忘年会、お誕生日会等、お招きいただき伺っております。皆さまとの会話も弾み、年輪会の皆様が変わらずお元気であることを嬉しく思います。今日もお元気な皆さまに会って、議会のことや私が学んだことなどをご報告させていただきました。これからも経験豊富な皆さまからの大事な視点を頂戴して頑張ってまいります。

この1月2月は新年会、3月は議会(平成28年度予算審査特別委員会)や卒業式などがあり、4月には入学式や桜まつり、そして5月は総会など学校、町会や各団体の皆さまからご招待をたくさんいただき、参加をさせていただいたことに心から感謝申し上げます。

今日と明日は運動会たけなわです。明日の八名川小学校開校100周年大運動会に6年生の児童からご招待状をいただいたのですが、朝の9時半から「地域創生に環境教育・ESDをどう活用するか」のテーマで環境自治体会議に9時から芝浦工業大学に行っているので八名川小学校の運動会には行くことが出来ず、お詫び申し上げます。本日、八名川小学校に立ち寄り、校庭の運動会の横断幕を拝見してまいりました。無事故で大成功の運動会になりますように祈ります。

平成28年第1回区議会臨時会が会期一日で開催されました。

この本会議では新しい常任委員会委員、議会運営委員会委員および特別委員会委員の任期満了に伴う新委員の選任が行なわれました。また、区長提案による議員選出の監査委員2名の選任が全議員の同意によって決まりました。

そのあと、議長、副議長の辞任に伴う選挙が行われ、議長には堀川幸志氏(自民党)、副議長には高村直樹氏(公明党)が就任しました。

そして各会派も新体制が組まれ、区議会公明党の幹事長には磯野繁夫氏、副幹事長には細田勇氏と関根ともこが就任いたしました。副幹事長の仕事として、議会運営委員会にも参加していきますので、しっかりと頑張ってまいります。そして常任委員会では厚生委員会の委員、また特別委員会では防災・まちづくり対策委員会の委員になりました。ほか、広報委員会委員として江東区議会だよりにも関わり、内容も充実してまいります。

さらに、付属機関等の委員として、消防団運営委員会、青少年問題協議会、都市計画審議会の委員になりましたので、引き続き皆様のお役に立てるよう頑張ってまいります。

深川江戸資料館が面した江東区三好・白河一丁目の清澄通りから現代美術館のある四丁目までの約900mの間に約100店舗が商いをしています。それが深川資料館通り商店街です。

その清澄白河・深川資料館通り商店街で路上市を開催。美しいもの、楽しいものなんでも市ということで、深川資料館通り商店街協同組合の分部理事長が中心となって商店街興しの企画を軌道に乗せたイベントです。見事に大盛況!

シャッター通りになることが懸念される商店街は江東区に多くあった訳ですが、一人の人の力はやはり偉大です。今日もたくさんの世代を超えた人たちがこの深川資料館通りの路上市を楽しまれました。

JpegP_20160522_132641JpegJpegJpeg

 

P_20160522_132712

 

清澄2丁目の老人クラブ「三和会」の総会でした。これまで会長を務められた片山仙太郎氏が先月亡くなられての総会でした。江東区の中で老人クラブとして壮年の方が多くお集まりになる唯一のクラブです。

親睦会から出席させていただき、新たに会長になられた中村栄一会長は清澄庭園ラジオ体操連盟会の会長でもあられ、私が日頃より大変お世話になっている方です。

ご挨拶の中で、片山前会長にも大変お世話になったことへの御礼と、そしてこれからもみなさんと温かい支えあいで健康で楽しい思い出を沢山作っていきたいということをお話させていただきました。

JpegJpegJpeg

 

隅田川から小名木川に入る場所に正木稲荷神社があります。昔から河川で物を運ぶ船らを守ってきたということで、私は2回目になりますが参加させていただきました。

神社への例祭後、毎回、芭蕉記念館分室で懇親会が行われるのですが、今年は責任総代である塙さんの企画で、名古屋から移り住んでこられたご夫婦により、懇親会前にペルーやボリビアの素敵な民謡が披露されました。

この地より文化芸術の交流の新たな発祥地としてさらに人が集まり栄えていくことを心から祈ります。

Jpeg

楽器「サンポーニャ」の素敵な音色はまるでアンデスの山から風を運んでくれるようでした。

Jpeg

 

18日・19日、研修のため博多に行きました。研修終了後、博多駅近くにある「みらいクリニック」を訪問。ここの院長である今井先生は「あいうべ体操」を全国に広めて風邪やインフルエンザの予防の実証を示しています。興味があり、直接訪問。ノーアポだったので院長先生はいらっしゃいませんでしたが、受付の方に質問し、いろいろお話を伺うことができました。江東区でも子供たちにこの「あいうべ体操」を広めてインフルエンザ等で学級閉鎖などがないようにしていきたいと思っています。

そのあと博多駅からJRで一駅、竹下駅の近くにヤナギ研究所があり、訪問させていただきました。こちらの会社では「汚いを綺麗に」というテーマで綺麗な川や海を次世代に残すために「自然に人にやさしい洗剤」を研究開発されました。ヤナギさんという方が自然の河川が油で汚染されたのを綺麗にするために30年間研究を続けられ、代表取締役である山方美信氏がヤナギ研究所として会社を22年前に設立されました。

知り合いということもあり、訪問させていただき、思わずTVで放映された「下町ロケット」に似ている会社でとても感動しました。会社の皆さんが研究熱心であることと、社員の皆さんが山方社長と同じ優しさと笑顔をもっていることにも感動しました。お忙しいので奥様も会社に応援に来ておられました。また、愛犬のラメちゃんも高齢のようですが私をやさしく出迎え、見送ってくださいました。本当にありがとうございました。

JpegJpegJpegJpegJpegJpegJpeg

 

 

 

晴天の下、猿江恩賜公園でたくさんの子供たちが参加し、第28回目の江東こどもまつりが盛大に行われました。青空ステージでは10時からオープニングセレモニーが開始され、10時20分にパレード出発。青空ステージに集まった子供たちが楽器を鳴らしながら元気にパレードしました。

ふれあい広場では恒例の岩手の北上市西和賀町の雪が積まれ、子供たちは滑って大いに楽しんでいました。

今年の特色として、パラリンピックの競技にある車いすでのテニスとボッチャーの練習を見たり、体験できたりしました。

たくさんの経験ができて、子供たちにとって大変有意義な一日になったと思います。

Jpeg

JpegJpegJpegJpegJpegJpegJpegJpegJpegJpegJpeg