バックナンバー: 2016年 1月

若者と政治をつなごうと活動しているNPO法人「Youth Create」の原田謙介氏の講演会に参加してきました。

原田氏は1986年岡山県生まれ、東京大学卒業。内閣府子ども・若者育成推進点検・評価会議委員。NPO法人ユースクリエイトの代表として若年層の政治参加拡大に取り組んでいます。国会議員の事務所のインターンとなって仕事をする中で、候補者が学生や若いサラリーマンと接触する機会がないことに驚いたそうです。

「政治は僕たちの身近に」ということで、今まさに新聞・雑誌等メディアにも取り上げられている方です。現在、若者と地方議員が酒を飲み気軽に語り合う交流会も開いているそうです。

今年から選挙は18歳からとなりますが、選挙は義務ではなく権利であることを知ってもらうための努力をしなければならないと私も思いました。そして、講演を伺って、地域の若者が集まる場所に私たち議員も飛び込んで行き、積極的に交流を図ることが大事であると感じました。

JpegJpeg

小林さんは町会の老人クラブ「栄和クラブ」の会長として長年にわたりご活躍されておりました。小林さんは私にとって恩人であり、女性として、人間としても尊敬する方でありました。享年86歳。

小林さんは東京大空襲の中を生き抜き、今は多くのお子さんにも恵まれ、「私は幸せな人生に恵まれた」とお話しくださっていました。

日本舞踊も長年やっておられ、毎月踊りのおけいこの後も夜遅くまでお仲間とお楽しみの時間をもたれて中央区までお出かけするなど、毎日お家でゆっくりお過ごしになることなどはありませんでした。私は年に一度小林さんの踊りの発表会を楽しみに中央区の開催会場に行っておりましたが、今年からは行けません。寂しいです。

また、小林さんは江東区北部の老人会では有名な方で、江老連でも重責を担われておりました。今年ティアラこうとうで行われた新年会にお目にかかれると思っておりましたが、お見えでないようで残念に思っておりました。お体でも悪いのかなと心配でした。後日その新年会の前日朝6時に他界されたことを伺い、とてもショックでした。しかしながらご老体に鞭をうち足も痛かったのですが、踊りを続けられたこと、また私に太鼓橋になっている高橋の四隅に休憩いすをご提案してくださり、その年東日本大震災があったのですが桜の咲くころに設置が間に合って小林さんは大変に喜んでくださいました。以後、私をご支援くださり心から感謝の毎日でした。もうお目にかかれませんが、「あんた、頑張れよ!」という声が私にはしっかりと聞こえてきます。

普段から小林会長と呼ばせていただいており、いつも会長から勇気と力をいただいて参りました。地元・清澄三丁目北部町会会館にて「お別れ会」として執り行われ、町会の皆様がご焼香に来られました。町会の方々を小林会長と一緒にお迎えし、「お別れ会」を見守っているように思えました。また、まるで小林会長が町会の方々お一人お一人と改めて引き合わせてくださっているように感じました。

頑張ります!

JpegJpegJpegJpeg

 

Jpeg

清澄二丁目の老人クラブ「三和会」の新年会はいつもお天気に恵まれ、壮年の方々が大半。今年も皆さんお元気に参加されました。

三和会のお一人お一人と楽しくお話をさせていただきました。また、会長自らお作りになる恒例の「豚汁」もおいしく頂戴しながら、時代を生き抜く力も沢山いただきました。ありがとうございました。

Jpeg

P_20160124_114810P_20160124_114717

 

 

午後1時からの文教委員会を終えて、文教委員全員と教育委員会の皆様と区立小名木川小学校のICT教育を視察してまいりました。江東区内内にはICT教育のモデル校として小学校と中学校が1校ずつあります。

Jpeg

今回のの視察は4年1組で、社会科の授業でした。31名の児童たちは全員がタブレットで授業を受け、先生もタブレットで送信しながらプロジェクターで黒板に画面を映し皆で東京都の地形についての勉強でした。子供たちは全員が先生の問いにタブレットを動かしながら記入し、元気に発表をしていました。指で画面を拡大し、地形についても様々な「気づき」が子供たちから発表され、素晴らしいと思い、大変参考になりました。

そのあと、学校の校長先生はじめ教職員の方々と意見交換をさせていただき、今後の期待や課題についても話し合うことができたのも有意義でした。

Jpeg12513528_1644678112462770_7553943569901940208_o

江東区文化センター2階展示ロビーにて。22日(金)から26日(火)まで、開催されております。12校の生徒たちの感性豊かな作品が展示されております。是非、皆様もご覧ください。

JpegJpegP_20160122_163456

 

 

 

 

 

午前9時半~午後4時迄、私はバスケットボールを観戦しました。

特に、決勝戦は、深川一中と砂町中学の対決!両方の選手たちが素晴らしく、感動の連続でした。

瞬発力と瞬間の判断力やチームの連携、そして、シュート! 個々の実力も凄かった!大感動!

Jpeg

亀戸のアンフェリシオン(旧・平安閣)で盛大に開催されました。高木美智代衆議院議員、木内義明都議会議員もご挨拶されました。区議会議員も大勢参加し、ご挨拶いたしました。

区内の方からブラック企業の事でご相談もいただいたことがあり、安倍政権が一億総活躍社会を打ち出す中、安心して働ける環境整備がなされなければならないと私は思っております。これからも社労士の先生方のお力をお借りして、働く区民が輝いていけるよう頑張ってまいります。

JpegJpeg

 

(公財)特別区協議会主催で平成27年度第三回目の講演です。

東京区政会館20階会議室で開催されました。講師はスポーツジャーナリストであり、元女子マラソン日本代表増田明美氏で、演題は「スポーツと地域活性化」でした。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツに対する関心が高まっていますが、多くの人にスポーツと接してもらい、また世界の方々を迎えるにあたり、魅力ある街づくりの施策に果たす特別区の役割は大きいです。4年後に向けてわが江東区もいよいよプランニングが具体的になっていきます。江東区ではコンセプトが「Sports&Supports」と決まり、ロゴマークも700案応募があり現在選定中です。スポーツとサポートの意味は江東区に来られた方が人情味あふれる街であることを実感できるようにすることです。接遇などもこれから考えていかねばなりません。私も頑張ります。

Jpeg

12時からティアラこうとう地下一階で開催されました。深川北部支部には現在31の老人クラブがあります。その代表の方々の集まりで、国会議員の公明党高木美智代衆議院議員、自民党秋元司衆議院議員、柿沢未途衆議院議員が参加。代表で高木美智代衆議院議員がご挨拶されました。その中でも若い人は当然美しいけれどももっと美しいのは人生の経験豊富な皆様方でありますとのお話に空気が一変。参加されていた皆様方に笑顔がこぼれていました。ありがとうございました。

深川北部支部を統括していらっしゃる飯塚支部長は、私が最も尊敬している方の一人です。常に支部の皆さまには元気で喜んでもらえるような施策を考え実行されていらっしゃいます。今回も趣向を凝らした賀詞交歓会の内容でありました。その1つに深川福住太鼓が今回披露され、会場を盛り上げてくださいました。

Jpeg

JpegJpegJpeg

常盤一丁目町会のもちつき大会には毎年、お手伝いをさせて頂いています。常盤一丁目の婦人部の方々は、私のことを準会員と言ってくださり、仲良しです。

今年は突風も吹かず、そんなに寒くもなくスタートいたしました。婦人部の皆さま方は8時から準備に取りかかっておられましたが私は9時から参加させていただきました。手際よくお餅が仕上がってゆき、列を作って並ぶ町会の皆さまにお餅をお渡しできました。

終了は午後1時頃となりました。常盤一丁目町会の皆さま、いつもありがとうございます!

JpegJpeg

 

JpegJpeg

JpegJpeg