バックナンバー: 2015年 5月

 

Jpeg

Jpeg

9時から12時まで、深川消防団10分団が競いました。火災等の災害に対応するため、指揮者以下5名が基本操法と付加操法の一連の活動について迅速で確実な行動をチェックし、減点を記していきます。優勝、準優勝、3位まで表彰されました。深川消防団は地域の防災機関として日夜団務に精励し、技能の向上に努め、地域の安全・安心を使命としております。消防団の皆様には感謝申し上げ、ますますのご健勝を心からお祈り申し上げます。

亀戸文化センター「カメリアホール」にて開催されました。講演者は4名。

造園家として有名な湧井雅之氏は「自然資本とりわけ「みどり」を活用した個性ある都市づくりの潮流」について講演。

亀戸生まれ・亀戸育ちで、数々の公園づくりに参画している大塚守康氏は「みんなでつくる江東区のみどり」について講演。

全国都市緑化推進で緑の東京づくりを模索している町田誠氏は「緑のまちづくりの足跡とこれからの展望」について講演。

緑の空間の創出を手がける菅博嗣氏は「協働で生きがいのある街づくりの事例」について講演。

シンポジウムに参加し、大変に参考になりました。例えば、街路樹は憩いの空間をつくり、低木はビルと道とを区切る役目があることに気づかされました。また私自身は江東区がかなり緑が多い街であると実感していましたが、このシンポジウムで再確認できたことが嬉しく思いました。これから2020年のオリンピック・パラリンピックへの街づくりに向かって、おもてなしとしての江東区の空間創出に大きな示唆を与えてくれたシンポジウムだったと思います。

Jpeg 

Jpeg

Jpeg

午前11時から晴天の下、正木稲荷神社の例大祭が執り行われました。集まった方々は地元の常盤一丁目・二丁目町会の皆様で、運営に関しては常盤一丁目町会が中心に運営されておりました。私は常盤一丁目町会に、日ごろより大変お世話になっており、私も初めて参加させて頂きました。
石碑には、江戸時代ここに隅田川から小名木川に入る目印として柾木の大木があったとの由緒が書かれていました。おできの神様としても有名ですが、宮司さんのお話では家内安全・商売繁盛・健康長寿など全てお祈りしていいとのことでした。

私は、江戸時代から今に至るまで人や物を「つなぐ拠点」として大事な役割を果たしている場所であると感じました。これからも地元の皆様のお役に立つよう頑張ってまいります。

P_20150513_121028

第37期平成26年度総会が芭蕉記念館にて行われました。終了後の懇親会にも参加させて頂き、清澄庭園ラジオ体操会のメンバーとして皆様に日ごろの感謝を申し上げることができました。

一昨日は墨田区総合体育館にて行われた都連ラジオ体操指導者養成講習会に参加。数年前に参加したときには200~300名だったのが、今回584名が参加されていたことに驚きました。ラジオ体操普及の勢いを感じました。

今年は第2回目ということで全国小学校ラジオ体操コンクールが開催される予定とのことです。私も子供たちへのラジオ体操の普及に力を入れたいと思いました。そして2020年オリンピックにはなんらかの形でラジオ体操を皆で出来ればいいな、と思っています。

 Jpeg

Jpeg

Jpeg

第27回こどもまつりが猿江恩賜公園(ティアラこうとう前)で行われました。大晴天のもと大勢の親子が集い、幼稚園や小学校の吹奏楽団、ボーイスカウト&ガールスカウト、また各地域の交通少年団や消防少年団など、さまざまな団体の子供たちがパレードし、大人と一緒に一日ふれあい広場やステージプログラム、みんなの広場などで楽しく過ごしました。

会場には今年は岩手からの雪が届けられました。家族連れの皆さん方はそりで滑ったり、雪だるまを作ったりして喜んでいました。昨年は福島から雪が届けられました。昨年同様、今年も暑かったのでやはり雪のコーナーが人気だったように感じました。