バックナンバー: 2014年 12月

区議会公明党として、今回は4項目。

1.保育料の設定に関する要望
2.第6期介護保険料の設定に関する要望
3.地域包括ケアシステム構築に関する要望
4.都営住宅建て替えとスーパーリフォームに伴う要望

1については、子供子育て新法により、保育料算出基準が所得税から住民税に変わることに伴い、本区の保育料の設定に関してはきめ細やかな負担軽減策が実施されるよう求めました。

2については、3年ごとに介護保険事業計画や介護報酬の見直しが行われていますが、第6期めは平成27年4月から策定作業が行われます。できる限り介護保険料の上昇を抑えるとともに、特に所得が少ない区民へ配慮した減免措置や段階設定をし、本区では特段の取り組みを行うよう強く要望しました。

3については、住み慣れた地域で日常生活を営むことができるよう実態調査を実施することが大事。そのうえで地域特性を踏まえた施設を展開し、高齢者一人ひとりに寄り添ったきめ細やかなケアシステムの構築を要望しました。

4については、引っ越しに関する負担軽減、また工事中の安全対策、振動・騒音防止対策など、近隣住民に十分配慮すること。また、保育需要や小中学校の収容対策への影響を十分勘案し、地域特性を十分考慮して開発を進めることを求めました。

DSC_2630

 

区議会要望書 (5)

 

 

第2回 82才のピアニスト松代輝雄・プレコンサート 12月17日(水)

第一回目の11月25日は寒い日でしたが、今回は晴天に恵まれました。時間は正午から40分間。ピアノプレイヤーの松代さんの背景には、カーテン越しに射す中天の日差しがピアノに合わせるかのように流れてゆき、まるでステージを飾っている美しい光の演出のようでした。くつろぎと自然の雰囲気も相俟って、とても素敵なピアノコンサートとなりました。

松代先生の今回の演奏曲は、

クリーガーのメヌエット(ヨハン・クリーガー作曲 優美なるクラヴァーアより)

映画「ピノキオ」より星に願いを

トライ・トゥ・リメンバー(ミュージカル「ファンタスティックス」より)

映画「ゴッドファーザー」より愛のテーマ

マイ・ウェイ

アンコール曲はアメイジング・グレイスでした。
ピノキオの演奏前に、ピノキオが人間になるための条件は1.勇敢であること 2.誠実であること 3.寛大であることをお話してくださいました。(みなさん感動)

「イマジンは英語では想像という意味ですが、フランス語ではimagine(イマジーニ)といいます。音楽も皆さんがひとりひとりイマジネーションをふくらませてゆくものです」と仰って、ぜひこの曲をということでトライ・トゥ・リメンバーを演奏されました。

「さらに今日は皆さんに愛をお届けしたい」ということでゴッドファーザー、次に「皆様は人生のどこを生きていらっしゃるのでしょうか」ということでマイ・ウェイ、最後は「幸せと平和を願って」ということでアメイジング・グレイスを弾かれました。

今回は第一回目より多くの方々がお聴きになっていて、ご高齢者が大半でしたが、涙する人もいらっしゃいました。

松代先生、本当に素敵なすばらしいピアノ演奏をありがとうございました。次回は来年の4月初めの桜の咲く頃になります。松代先生の弾かれる「さくらさくら」は素晴らしいと評判です。

来年4月になりますが、松代先生の心に響く名曲を、皆様も楽しみにお待ちください。

KC4D0060

12月14日に行われた衆議院議員総選挙において、わが公明党は史上最多の35議席を獲得!比例区においては東京ブロック2名(高木洋介、高木美智代)が早々と当選確実と報道されました。江東区で比例区公明党は26,938票を獲得。本当にうれしく感動でした。

そして江東区における投票者数は221,603人で投票率56.03%。前回の都知事選挙では47.94%でしたので投票率が8ポイントアップしました。しかしながら前回の衆院選は64.05%でしたので、国政選挙としては約8ポイントのダウンになります。

また、期日前投票は本区では過去最高の44,097人でした。期日前投票がしっかり根付いてきたように感じられました。

私も今回木場公園で東京ブロック比例区公明党の街頭演説の司会をさせていただき、また太田あきひろの選挙カーで北区を戦わせていただき実感したことは、国政においてはやはり人物が大事であること。そして街頭に集まってこられる方々が高齢者がほとんどであったことから、しっかりと高齢者のために私も頑張っていかねばならないと思いました。

いよいよ来年4月26日は地方統一選挙です。私は江東区区議会2期目に挑戦させていただきます。実績第一、皆様のお声を区政にお届けして参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

このたびの選挙で応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

アリオ北砂店と木場公園前で行われました。街頭演説では、衆議院議員候補の高木陽介さんと高木美智代さんが皆様にお訴えをいたしました!

私は、木場公園前での街頭演説会で司会をさせていただきました。比例区は公明党を強く訴えることができました。江東区民である高木美智代候補の目には涙が光っておりました。なんとしても比例区公明党を押し上げて参ります!

木場街頭 (4)

皆様、比例区公明党を何卒よろしくお願いします!

人権週間にちなんで江東区では江東区文化センターホールにおいて講演とメッセージの集いが開催されました。開会に当たって、東京都大会に中学生の人権作文コンテストで優秀賞に輝いた大島西中学校3年生への表彰式があり、第一部は代表児童による人権メッセージの発表。第三砂町小学校6年生の2名が「人権とは」について、また「いじめをなくすためには」と題して発表しました。
第二部では映画「ヒーロー」を上映。第三部は吉永みち子講師による「誰もがのびのび暮らせるまちを目指して」の講演でした。私たちの周りには女性や子ども、性同一性障害、高齢者、障害者などに対する差別意識や偏見などがまだまだあります。このような機会を得てもう一度人権について理解を深めていく必要があります。江東区の基本構想にも掲げられていますが、私たち江東区民一人ひとりがいきいきと暮らしていくためにも、人とのつながりを感じながら思いやりの心で毎日を幸せに暮らして生きたいものです。

 KC4D0055KC4D0058

 

 

 

このマラソン大会は昭和56年に「潮風に乗って走ろう」をスローガンに開始されました。幹線道路を走る市民マラソンとして全国のランナーに注目され、今では全国からも参加者が集まる大会となっています。
9時15分からはハーフスタート。9時45分からは10kmがスタートしました。スタート時の気温は17.5℃。晴天に恵まれ、例年よりも高めでしたので、走者は水分補給が必要というアナウンスがありました。

出走者はハーフで男性2,218名。女性429名。計2,647名。10kmでは男性949名、女性477名。完走率は昨年より1%下がり今年は93%ということでした。

出走者の皆様、大変にご苦労様でした!また、早朝より出動され、大会を大成功に導いていただいた多くのボランティアの皆様方、ご苦労様でした!本当にありがとうございました!

DSC_1380DSC_1378

 

 

 

 

 

 

   DSC_1398   DSC_1392

DSC_1401

DSC_1379

DSC_1402DSC_1407

 29日の鑑賞日に行ってきました。小学1~6年生の皆さんの演技があまりにも素晴らしく、まるでプロの劇団のようでした。すべてのプログラムの演劇に感動致しました。

八名川小学校では、手島校長のもとでESD(持続可能な開発のための教育)の教育が推進されており、子ども達の取り組みが地域の方々へ密に伝わっています。今回の学芸会においても、私のところにもご招待状が届けられました。封筒の中には、校長先生からのお手紙とプログラムが入っており、そのプログラムには6年生からの鉛筆書きで『ぼく達6年生は「夢から醒めた夢」をします。ぼくの役は暴走族です。小学校生活最後の学芸会なので頑張ります。ぜひ来てください。』というメッセージが書かれていました。

この手紙に感動して行くことを決め、6年生の児童にお返事のお手紙をしました。当日、その児童がどの子かは分かりませんでしたが、暴走族役の皆さんはとても元気いっぱい一生懸命で嬉しくなりました。八名川小学校の皆さん!先生方、そして地域の皆様方、無事故で大成功!最高の学芸会でした。子ども達の更なる成長に期待します。

 

DSC_1364

DSC_1368

 

 

 

 

 

 

DSC_1360

DSC_1353

 

 

 

 

 

 

DSC_1348

DSC_1356