バックナンバー: 2014年 10月

江東区内の2020年東京オリンピック・パラリンピック施設整備予定地の視察に行ってきました。

江東区内の夢の島地区、若洲地区、中央防波堤地区、ビックサイト、有明北地区、辰巳地区を回ってきました。まだ競技場は決定していないのですが、今までの予定とされていた場所の視察です。

夢の島競技場では馬術の競技が行われる予定です。馬術は男子と女子の区別をつけない唯一の種目であると初めて知りました。

若洲地区で開催予定のセーリングは、東京ゲートブリッジの下(新木場地区寄り)に整備されるそうです。

ボートとカヌーの競技を行う海の森水上競技場が中央防波堤埋立地に新設されます。来年1月に事業者を決定予定です。大会後はボート上施設として残していく予定とのことです。

ビックサイトの中にはメインメディアセンターが設置される予定です。

有明北地区では新市場予定地(現在工事中)と有明テニスの森の間に有明アリーナ(バレーボール)、有明BMXコース(自転車競技)、有明ベロドローム(自転車競技)、有明体操競技場(体操)が整備される予定です。

辰巳地区オリンピックアクアティクスセンター(水泳)の新設やウォーターポロアリーナ(水泳)が整備される予定。

海の森は中央防波堤内側の東部分にあります。面積約88ヘクタール(日比谷公園の約5.5倍)。都民と企業とNPOの共同で、都内の公園や街路樹の剪定した枝葉から堆肥をつくり、ゴミの層と残土とを混合調製してサンドイッチ状に敷き詰めて土づくりをして、そこに苗木48万本を植栽。緑あふれる森に見事に生まれ変わらせています。平成19年から30年間で整備完了予定です。

10月20日(月)PM6時半から、江東区文化センターで開催されました。

デビュー10周年の歌手・野村未奈さんは、とても素直な性格で、好感度が高くみなさんに愛されていることがわかりました。故郷の仙台と、観光大使を務めている長野県上田市からも大勢の方が応援に来られておりました。悩みが多かったとご本人も言っておられましたが、みなさんの支えによって10周年を迎えられたという感謝の心が、ステージに立って立派に歌いあげる姿から伝わって参りました。とても感動しました。三代目コロンビア・ローズ野村さん、これからも頑張って!

10月18日(土)・19日(日)開催。大晴天に恵まれて、一点の曇りもない秋空の下オープニングセレモニーが18日11時より開催され、810名がパレードが盛大に行われました。。

多目的広場のステージでは様々なショーが繰り広げられ、今までにない大勢の観客が集まっていて大変に盛り上がっていました。また恒例の物産展のブースの前にはたくさんの行列ができていました。

このような区民まつりが全国の地域コミュニティの発信地になれることを 心から嬉しく思いました。

東京オペラシティで東京ニューシティ管弦楽団による「夢カンタービレ」コンサートが開催され、私も行って参りました。

指揮者である小田全宏さんが現在、世界で活躍している若手演奏者をお招きし紹介して下さり、素晴らしい演奏を聴くことができました。また、スペシャルゲストとして安倍昭恵さん、橋本聖子さん、佐藤真海さんを呼んでくださり、「夢」をテーマに楽しいお話も聞くことができました。

オペラシティには、初めて行ったのですが、とっても素敵な空間でした。東京にもこの様な所が出来て本当に良かったと遅ればせながら思いました。

久しぶりにクラッシックの曲に包まれて心身ともに癒されました。誘って下さった友人に感謝です!

9月25日から10月23日までの29日間の日程で、第3回定例会が開催されています。

私は9月26日にまず一般質問に立ち、9月29日に平成26年度予算審査特別委員会。そして9月30日から10月6日まで行われた平成25年度決算審査特別委員会においては民生費、土木費、教育費、介護保険会計の科目で質問を致しまた。

10月7日に行われた企画総務委員会では副委員長として出席。後は10月16日のオリンピック・パラリンピック対策特別委員会の開催を残すのみとなりました。

11月23日が本会議の最終日になりますが、これからも区民の皆様から頂いた貴重なご意見を主張させていただきます。

台風18号の接近で開催が危ぶまれる中、式典は予定通り午前11時から、テントは張っているものの横殴りの雨の中で始まりました。

気持ち急ぎめで芭蕉稲荷神社での例祭を終え、その後芭蕉記念館分館に移り懇談会が開かれました。衆議院議員の高木美智代さん、秋本司さん、柿沢未途さん、都議会議員の山崎一輝さん、野上ゆきえさん、江東区長の山崎孝明さん、区議会議員からは鈴木清人さん、庄野剛志さん、私が出席。各人がご挨拶をさせていただきました。

特に、常盤1丁目町会の河合会長からは「俳句の発信場所として、俳句をやり続けてきた八名川小学校に是非ともアメリカ大使をお招きしたい」とのご発声がございました。そして私にご招待状を作成していただければとのご提案を受けました。これから具体的に話を進めて参りたいと思います。