バックナンバー: 2014年 4月

「地方議員のための政策法務~政策実現のための条例提案に向けて~」

4月23日(水)~25日(金) 『全国市町村国際文化研究所(JIAM)』
滋賀県大津市唐崎二丁目13番1号

1日目は、午前中、開校式&オリエンテーション。午後1時から地方議員と政策法務の講義、2時25分からは、法制執務の基本の講義を受けて、演習導入へ。
全国から65名が参加。その夜は、交流会があり、名刺交換。お友達にもなりました。

2日目は、午前9時25分より各グループに、分かれて、条例立案の演習を致しました。私たちのグループは、『検討市』という名前をつけ、『市民が主役となる条例』を立案しました。政策研究大学院大学教授の井川博先生に、アドバイスを伺って、私たちは5班で、兵庫県西脇市、滋賀県甲賀市、福井県敦賀市、茨木県守谷市の市議会議員の方々4名と私の計5名は、妙に団結!夕方5時前には条例が完成!皆、満足の条例ができたことを大いに喜び合いました。

条例と言っても、一番大事なのは、地元市民・地域の皆様のご意見です。
これからも、地域の皆様と大いに語り、必要に応じて、条例を立案出来るようになれたらという思いになりました。

最終日、午前9時より、各グループの条例の発表・意見交換・講評がスタート。
発表も全てのグループが、素晴らしかったです。意見交換も楽しく、先生からの講評も勉強になりました。個人的に素晴らしい!と思った条例がありました。
それは、“退職者等の社会貢献活動推進条例”~愛称 退屈おやじの能力もち腐れ防止条例~というものでした。その(前文)には、明るく住みよい、生き生きとした地域社会を築くことは私たち市民の願いです…と。そして、第1章 総則(目的)第1条 この条例は、退職者等の経験や能力を活かし、自発的で自主的な意思による社会貢献活動に参画できるように市がこれらの活動を支援することを目的とする……と書かれておりました。

4月21日(月) 区民モニター募集説明会に参加致しました。
区では平成24年度よりこの事業を実施。平成24年度には47名、平成25年度には75名。今回平成26年度には、176名がモニターになりました。

ごみ処理は、運搬してから埋めるまで、1トンあたり5万4千円の経費がかかると言われております。約9トンの可燃ごみがあるなかで、その4割が生ごみと言われておりますので、環境のためにも、区の経費削減のためにも狭い我が家のベランダではありますが、私も生ごみ減量に挑戦することに致しました。。

★ 生ごみを無くしたい方へ

ベランダ de キエーロ

 


鎌倉彫・作品展が、4月6日(日)~12日(土)に江東文化センターロビー於いて開催されました。

文化センターで、毎月2回、鎌倉彫教室「文月会」が開催されており、松本裕代先生が30年以上、鎌倉彫を教えてくださっています。

現在、生徒さんは、亀戸教室に 8名。東大島教室に 10名。東陽町教室に 10名いらっしゃいます。このたびの展示作品は、東陽町教室「文月会」の生徒の皆様方の作品です。

私の作品も展示していただきました。

議員になってからは、公務が多く、お教室になかなか行けなくなりましたが、松本先生をはじめお教室の皆様からあたたかい激励をいただき、作品を出品することができましたことに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

今後も、「文月会」の一員として、松本先生のもと、これからも鎌倉彫を学びながら、全てに真摯に取り組み多くのことを学んで参りたいと思っております。

※ 松代裕代先生
多摩美術大学卒・鎌倉彫作家
鎌倉彫の少人数グループ「文月会」を立ち上げ、みんなで和やかに楽しんでいます。時間をかけて、一点ずつ心をこめて制作しています。

鎌倉彫は、彫刻と漆がおりなす心豊かな手作業。時が経つほど艶を増し、手に馴染み、いつまでも手元において楽しむことができます。

二年毎に、江東区江戸資料館にて作品展を開催。

私の出展作品

 今回は、4月19日(土)センチュリーパークタワー33Fミュジックスタジオ(中央区佃)で開催されました。 松代先生は、昭和一桁生まれの芸術性溢れる若々しい素敵なピアノプレイヤーです。

 

現在も、先生は、多くの庶民の方々に喜んでいただけようにと、クラシック音楽から~歌謡曲~童謡まで、ピアノを通して音楽を素晴らしい解説付きで紐解かれ、先生ご自身による編曲もご披露して下さったりと、ミニコンサートということで、私たちをいつも楽しませてくれます。

 

 松代先生は、その昔、明治小学校や深川中学校で教鞭をとられ、ピアノを生徒さんたちに教えられていたそうで、ミニコンサートに来られた教え子の皆様も、今では、立派なママさん、パパさんになって先生のピアノに感動をされておりました。

 

 現在も変わらず、真摯にピアノに向かわれ、私たちに、歴史や世界中のことを、また人間の生命の豊かさと深さを、ピアノを通して感動的に伝えて下さる松代先生を、私は、心から尊敬しております。なによりも、お会い致しますと、人間として心の新鮮さ、前向きさ、にこやかな優しさを松代先生よりいただきます。松代先生がお好きなお言葉に「日々是好日」&「歩々是道場」がございます。私も、この言葉が大好きになりました。この言葉を胸中に、これからも日々、お仕事に精進して参ります。

4月16日(水)、17日(木) 於:千代田区内神田WTC内神田ビル内

「地域の活性化と社会保障」がテーマでした。講演では、特に、千葉県松戸市で、これからの地域医療ということで、熱心に取り組まれ、みごとに医師会とも組まれて、市民貢献をされていらっしゃる川越医師と消防庁の武田審議官の対談は、大変に有意義でした。
現在、問われている地域包括ケアの本来の使命や機構についてや、救急医療も含めて、地域医療の問題点が地域の活性化と社会保障に繋がっていくということを強く実感致しました。
さらに、「高齢が地域で生き生きと生涯現役で暮らす」をテーマーに、健康生きがい開発財団の大谷常務さんから、高齢者のお一人暮らしの生活状況が披露され、なるほどと納得でき、また参考になるお話を沢山頂戴いたしました。特にお一人暮らしの高齢者の方々とお話しをするときには、大谷常務さんから得たことも伝え、生かしてまいりたいと思います。
二日間の勉強を終えて、講演の先生方との懇親会がございました。
特に武田審議官に本区にオープンした昭和豊洲病院のことについてお話しし、伺っておりましたところ、審議官から、「実は、僕、いつもその前を通っておりますので」と。
一気に嬉しく親しくさせていただきました!区内在住\(^o^)/。

4月12日(土) 清澄庭園ラジオ体操会に参加致しました。

ラジオ体操終了後、清澄庭園のうこん桜の下で会員が集いお花見をしました。

うこん桜が立派に咲き誇ってました。

4月6日11時~15時、小雨決行ということで、14回目の桜まつりが開催さ れました。今年は、天候に恵まれ、桜も満開は過ぎたものの、きれいに 咲き誇る桜ロードbの中、町会はじめ、近隣の地域一帯の方々や連合町会の皆さんが集まり、住民の方々が、茣蓙やシートを敷いて、多くの方々と交流し、楽しむ光景は、まさに桜がもたらす平和そのものであると感じました。皆が笑顔で、会話を楽しむ姿は本当にすばらしい!あっという間の3時間を私も楽しい対話が出来て、大変に幸せでした。町会の会長さんはじめ、役員、そして、運営に携われた多くの皆様方に心から感謝申し上げます。

江東区教育委員会・江東区体育協会の主催で、4月6日(日)江東区スポーツ会 館に於いて開催されました。 昭和22年に開催されてより、本年は、第68回目の開催ということです。
体育館には、会場狭しと役員・選手団の代表が入場されました。 開会宣言の後、国歌斉唱、優勝杯返還があり、江東区長、教育委員長、体育協会 委員長の挨拶。 そして、区議会副議長の祝辞、選手宣誓。最後にラジオ体操をして、閉会。
小さな子どもさん達から高齢者の皆様方までお元気なお姿にスポーツの力を感じ ました。 参加者は、約2万人ということです。6年後、オリンピック選手もこの参加者の 中から出るということも期待されます。 思いっきり頑張る区民の皆様の体育大会が江東区の更なる元気を産み出していくことでしょう。

江東区教育委員会・江東区体育協会の主催で、4月6日(日)江東区スポーツ会 館に於いて開催されました。 昭和22年に開催されてより、本年は、第68回目の開催ということです。
体育館には、会場狭しと役員・選手団の代表が入場されました。 開会宣言の後、国歌斉唱、優勝杯返還があり、江東区長、教育委員長、体育協会 委員長の挨拶。 そして、区議会副議長の祝辞、選手宣誓。最後にラジオ体操をして、閉会。
小さな子どもさん達から高齢者の皆様方までお元気なお姿にスポーツの力を感じ ました。 参加者は、約2万人ということです。6年後、オリンピック選手もこの参加者の 中から出るということも期待されます。思いっきり頑張る区民の皆様の体育大会が江東区の更なる元気を産み出していく ことでしょう。