古城まさお

(東京都・新宿区)

若者の声を小池都知事に届ける

未分類 / 2017年3月18日

公明党東京都本部青年局は昨日17日、小池百合子東京都知事に対して、「TOKYO VOICE ACTION」(東京ボイス・アクション)の中間報告を行いました。
党都青年局次長の私「古城まさお」も、小林けんじ青年局長、青年党員の皆さんとともに、都内で行われた報告に参加しました。

20170317_1

東京ボイス・アクションは、「都政に関する5つの重点政策」

  1. 議員報酬20%カット
  2. 最低賃金1000円
  3. 高校無償化・保育士の待遇改善
  4. 手軽に受けられるガン検診・健康診断
  5. モバイル端末の充電スポット設置

の中から実現してほしいもの1つを、若者・青年世代の皆さんに街頭アンケートや特設サイトで選んでいただき、その声を小池都知事・都政に届ける取り組みです。
皆さんの声を形にして、もっと暮らしやすい東京を目指していきます。

今回の中間報告では、7万を超える声が集まっていることを小池都知事に伝え、重点政策の推進への協力を求めました。
たくさんのシールが貼られたアンケートボードを見た小池都知事は、「どれか一つに選べない。全ての項目にシールを貼りたい」と語り、青年局の取り組みに賛同してくださいました。

20170317_2

公明党青年委員会は昨年、若者の政策要望を聞く「ボイス・アクション」を全国各地で展開しました。
そして1000万人を超える皆さんの声を安倍晋三首相に届けた結果、最低賃金アップや非正規雇用の待遇改善、不妊治療費助成などの施策が大きく前進しました。

20170317_3

一人ひとりの声が、たしかな一歩につながります。そして、政治を動かすことができます。
公明党には、若者の声を実現する実行力があります。
私「古城まさお」は、若者の代表として、皆さんの声を都政に届け、政策実現へ全力を尽くしてまいります。