古城まさお

(東京都・新宿区)

東日本大震災から6年

未分類 / 2017年3月11日

きょう3月11日、東日本大震災の発災から6年を迎えました。
改めて、尊い命を亡くされたお一人おひとりのご冥福をお祈り申し上げます。
また、ご遺族ならびに被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

区内を回っていた1月、ある壮年にお会いしました。
東京電力福島第一原子力発電所の事故直後に、福島から新宿へ避難されてきた方です。
「帰還困難区域」にご自宅を残していると伺いました。
その壮年とご家族を含めて未だ12万人を超える方々が避難生活を強いられています。
心安らぐわが家、愛する故郷を離れざるを得ない皆さまの心情に思いを馳せると胸が締め付けられました。
また被災地では、震災の記憶の「風化」と原発事故に伴う「風評」という”2つの風”と戦っています。
私は、新たな誓いを込めて、壮年の目を見つめて握手をさせていただきました。
壮年の痛みをわが痛みとし、公明党の一員として、被災地の再生と住民の皆さまの生活再建に貢献しなければならない。
震災から6年を迎えたいま、私はこの決意を街頭で訴えています。

公明党は、全国会議員が復興担当として被災各県に入って、地元議員と連携し全国3000名の議員のネットワークで復興に尽力してきました。
私、古城まさおも、被災者の皆さまに寄り添い、「人間の復興」を遂げるその日まで全力で戦い続けてまいります。
私たちが住む東京・新宿では、首都直下地震が想定され、防災・減災への対策が喫緊の課題です。
命を守るまちづくりに全力で取り組んでまいります。