カテゴリー(活動報告)

令和元年6月15日午前10時〜社会福祉法人小平晴風会運営の「特別養護老人ホーム晴風苑」(小川町1丁目497番地)の開所式が盛大に行われました。73床のベッドを有し 全てが個室 。また各個室には開放的な 窓が一面にありとても明るい設計となっています。施設 の1階には、地域交流室が 設けられており、地域の多くの方々と共に歩んで行くとの施設の思いを強く感じました。7月よりいよいよ入居が始まります。地元担当議員として、末長く地域に愛される施設となります様、微力ながらサポートしてまいります。地域の皆様宜しくお願い致します。(写真:当日の様子)006008009010018021025027029

令和元年6月12日(水)午前7時~東大和市駅頭にて公明党の旗を高く掲げ「街頭演説」を実施いたしました。内容は6月定例会での自身の一般質問の報告と2019年参院選の「公明党の5つの重点政策」を中心にお訴え致しました。多くの市民の方から励ましのお声を頂きました。(写真:6月12日に様子)003

令和元年6月11日(火)~小平市役所本庁舎1階にて「男女共同参画週間」を前にして啓発展示が始まっています。「小平市男女共同参画推進条例」が制定・施行され本年で丸10年を迎えました。本庁舎には「自分らしく生き生きと暮らせるまち小平」の懸垂幕が掲げられました。10年間で男女共同参画の考え方は、大きく社会に浸透したと思いますが課題も多くあると感じています。展示会場には、女性活躍の先駆者である小平ゆかりの津田梅子さんの展示も開催されています。来庁の折りはお立ち寄りください。(写真:6月11日の市役所の様子)014005006

市議会議員選挙の改選を受け、初めての「小平市議会6月定例会」の動画が市の公式ホームページから視聴できます。私は6月5日(水)4番目に4件一般質問を実施致しました。お時間のある時に視聴して頂けますと嬉しいです。通告内容は、6月6日の自身のホームページのブログに詳述しております。2019.06.10議場写真F068544C-240B-47CD-92E6-B13123376929

https://www.city.kodaira.tokyo.jp/gikai/

令和元年「小平市議会6月定例会」(6月5日)にて、日頃より地域の皆様から頂いている要望の実現を目指し4件の「一般質問」を行いました。

1、西部地域の交通安全対策を問う 

市内西部地域の交通安全対策について地域の皆様より頂いているご意見・ご要望をもとに以下改善を目指し質問致します。

① 中島町の中島通りを東から西に向かう車両が中島町東公園の両端を通り抜ける際、30キロを超過したスピードで走行する車両が多く、公園では幼児・児童も遊んでおり、安全な速度での運行を促す交通安全対策が必要と考えるが市の見解を伺う。

② 上宿保育園東側のけやき通りの歩道には、植栽の植え込みもなくガードレールの設置もない箇所があります。けやき通りに隣接する小川緑地は、上宿保育園の散歩などの園外活動の中心的な場所にもなっており、当該場所は歩道の傾斜もあり園児がバランスを崩し飛び出す危険もあり、安全対策措置が必要と考えるが市の見解を伺う。

③ 上宿小学校北側の西武拝島線の踏切を越えた栄町通りの丁字路ヶ所は南から踏切を渡り東に右折する車両と東から南に左折する車両同士が接触寸前の状態での運行となっており、栄町通りの丁字路東側道路ヶ所の拡幅も含めた交通安全対策が必要と考えるが市の見解を伺う。

2、武蔵野美術大学バス停周辺の交通環境の整備を進めるべきだ 

平成30年3月16日、新設された武蔵野美術大学バス停から立川駅北口行きのバス路線の運行が開始され、従来の国分寺駅北入口行きのバス路線に加え、市内南西部地域の公共交通網は大幅に改善されました。市内南西部地域のさらなる交通環境の整備を目指し以下質問致します。

① これまで市は、鉄道駅周辺には、自転車駐車場を整備してきましたがハブとなるバス停周辺への自転車駐車場設置についての市の見解を伺う。

② 武蔵野美術大学バス停周辺に、市の自転車駐車場の設置を望む市民の皆さんの声を多く伺っています。そこで市の施設である小川町一丁目地域センター駐車場の開放に加え武蔵野美術大学、西武・立川の両バス事業者との連携で自転車駐車場の設置を行い、路線バスとの接続の利便性が向上するよう、市としてバス停周辺の交通環境の整備を行うべきと考えるが市の見解を伺う。

③ 現在、こだいら観光まちづくり協会を中心にシェアサイクルの検討が進んでいますが、武蔵野美術大学や周辺の地域センターや公民館を含む市の公共施設にも、設置を拡大し市民サービスの向上にプラスしてインバウンド対応を含めた市外からの訪問者にも対応できる体制を整備すべきと考えるが市の見解を伺う。

3、小川西グラウンドの人工芝生化の今後の計画を問う

市議会公明党の長年の要望でもありました、小川西グラウンドの人工芝生化に向けた検討資料作成費用として80万円が本年度予算に計上されました。快適なスポーツ環境の整備や効率的なグラウンド管理の視点に加え、長年グラウンドの砂ほこりで悩んでおられる近隣住民の方にとってもその実現が待たれるところです。 今後の人工芝生化が利用者目線に立って円滑に進むことを目指し以下質問いたします。

① 現在の小川西グラウンドの利用種目はサッカー、野球、ソフトボールが中心ですが、今後の人工芝生化に向けて利用団体の方々との意見交換の場は、全体の設計に入る前に充分行うべきと考えるが今後の市の計画について伺う。

② 複数の利用種目で人工芝グラウンドを使用した場合、野球のマウンドやベースがサッカー使用時にはグラウンドに収納できる等のグラウンド機能の充実も視野に入れての計画とすべきと考えるが市の見解を伺う。

③ 現在、サッカー利用時には子どもは東西に2面。おとなは南北1面での運用となっているが、今後も同様な面の使い方が有効なグラウンド使用となると考えが市の計画について伺う。

④ 土のグラウンドから人工芝生化への移行を行った先進自治体の事例研究については、散水システムも含めた施設全体の費用と効果を含めた総合的な視点から行うべきと考えるが市の見解を伺う。

4、保育園事業の今後について伺う

保育園事業について、市民の皆さんから日頃お伺いしている内容について改善を目指し以下質問致します。

① 小川保育園、上宿保育園にお子さんを預けている保護者の方から、トイレの臭気防止対策についての改善要望を多く頂いています。そこで市の主なこれまでの2園の臭気防止対策と今後の改善対策について伺う。

② 保育園での一時預かり事業について、市民の方から「緊急時には実際はなかなか預けることができない。ハードルが高い」との声を頂いています。西側エリアの公立、私立保育園での一時預かり園の拡大と緊急時の申請から受入れまでの時間短縮や手続き改善の工夫を進めて頂きたく、市の見解を伺う。(写真:6月5日の市役所本庁舎の様子)002005

令和元年度の「小平市消防団規律・救助訓練」が、小平元気村おがわ東の屋外広場にて実施されました。小平市消防団は、9分団150名の体制で構成されています。今回の訓練には105名の団員の方が参加されました。市民の生命・財産を守る日々の献身的な活動に感謝申し上げます。(写真:訓示される筋野団長)012016

令和元年6月1日(土)午前8時45分~小平第十二小学校の第52回運動会が元気に開催されました。今回の運動会「全力でスタートダッシュ!令和でつなげ きずなのバトン」をスローガンに掲げ元気に開催されました。校長挨拶の中で岩井校長先生は大書した「全力」の文字を示し「きずなをつなげて、仲間と一緒に全力を」と呼び掛けられました。砂煙の舞う中での運動会となりました。保護者の方をはじめ、運営に携わって頂いた全ての関係者の皆様の労に感謝申し上げます。十二小にまた新たな歴史が刻まれました。(写真:当日の様子)025023008

令和元年5月26日(日)午前11時~西武新宿線花小金井駅北口にて「公明党青年局」の皆さんが「TOKYO DREAM ACTION」を開催いたしました。公明党としてこれまで、ワカモノの声をカタチにしてきた実績があります。「令和」という新しい時代、2020年にオリンピック・パラリンピックを迎える今、誰もが「夢」をデザインできる東京へとのおもいで、市民の皆さまから実現して欲しい政策について直接お伺いいたしました。暑い中、ご協力頂きました市民の皆さまに感謝申し上げます。(写真:5月26日、花小金井駅北口にて)015

令和元年5月26日(日)午前9時~小平市栄町2丁目の月1回の清掃活動を実施いたしました。昨年の10月1日の台風24号の影響で大きな被害の発生した野火止緑地も整備がかなり進んでいます。カラスが子育て中なのか、大きな声で威嚇してきましたが無事でした。清掃活動は、やり終えるととても爽やかな気持ちになります。(写真:終了後、参加者で1枚)011

令和元年5月25日・26日と2日間にわたり「第43回小平市立上宿公民館まつり」が多くの地域の市民の方も参加され盛大に開催されました。公民館まつりは、日頃のサークル活動の成果発表の場であると同時に地域の広場として交流の輪を広げて行くことを目的として開催されています。2日間にわたり運営に携わって頂いた全ての関係者の皆様の労に感謝申し上げます。(写真:当日の様子)083084081082

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp