バックナンバー 2019年 2月

平成31年2月22日(金)小平都市計画道路3・3・3号線と小平都市計画道路3・4・23号線の丁字路西側の道路予定地部分の環境が整備されました。当該箇所は3・3・3号線の道路延伸用地となっており、区画を閉鎖しておりましたが、草木の繁茂とごみ等の不法投棄もあり周辺一帯の環境を整備していただきました。速やかにご対応頂きました市の担当課の対応に感謝いたします。隣接される住民の方も喜んでおられました。(写真:整備前の様子、2月22日環境整備後の様子)002004022024

平成31年2月小平市内の西部地域にて「街頭演説」を行いました。市政報告と地域課題への4年間の対応を報告致しました。多くの市民の方から激励をいただきました。ありがとうございました。(写真:2月17日小川西町2丁目、2月20日東大和市駅頭)DSC_04812019.02.17057055

平成31年2月19日(火)午前7時~小平市中島町の「中島町地域センター公園」の北側に設置してある「ごみ集積所」にて、4月1日から始まる「家庭ごみ有料化」「戸別収集」の広報活動を行いました。具体的には「4月1日から家庭ごみの有料化と戸別収集」のご案内と全戸配付されている「収集カレンダー」の事前確認を広報いたしました。ごみ出しをされている方は意識も高く、よくご存知だったので少しほっとしました。スムーズに移行できるよう今後も活動してまいります。(写真:2月19日現地の様子と2月15日の市役所本庁舎1階正面玄関の様子)002005

平成31年2月の初旬、市内の小川町1丁目「市立小川なかよし公園」(五中通りの西側)周辺の市民の皆さんから「ムクドリの糞の被害と鳴き声で困っている」とのご相談を頂く。早速、現地を確認。自然界の鳥の動きは日によってとまる電線の位置は異なるものの一定の範囲の中で約500羽程が日暮れ寸前に飛来してねぐらとなっている樹林に戻っていることを確認。電線を管理している事業者に相談後、2月18日(月)13時~小川なかよし公園周辺の道路のフンの状況を事業者の方と一緒に確認致しました。3月中旬には、被害の大きい箇所への電線への対策工事が始まる予定です。(写真:2月15日の夕刻の現地付近の様子)062064

平成30年11月下旬、市内上水新町1丁目在住の市民の方から「上水新町1丁目12番地の玉川上水通りの丁字路での一方通行が守られていない。立川方面から北進した車両が誤って右折しており、とても危険だ」との声を伺いました。現地を確認の後、市の担当課に相談。現在設置してある注意喚起看板の表現と文字の大きさを変更して新規に「右折禁止」の交通注意喚起看板を設置して頂きました。市の担当課に対応に感謝申し上げます。(写真:12月27日撮影の以前の看板、平成31年2月16日確認、新規設置の右折禁止看板)003012

平成31年2月16日(土)午前8時30分~小平第十二小学校の「おやじの会」主催による「もちつき実演会」が中庭で行われ、私も参加させて頂きました。本年2月2日(土)に上宿小学校でのもちつき会にも研修を兼ねて「おやじの会」として参加されており、明年の本格的な開催を目指しての実演会となりました。もちつきも事前準備がその成否を決します。当日は保教会の皆様、学校支援コーディネーターの皆様も参加されての実演会となりました。また十二小に新しい歴史が生まれそうです。(写真:当日の様子、お湯を沸かす「かまど」に遊び心で焼き芋もつくっておられました)001004008011

平成31年2月13日(水)午前7時50分~小平第十三小学校の正門前にて児童の皆さんの登校の様子と車の通行状況を確認致しました。これは2月11日(祝)の地域の挨拶まわりの中で13小の保護者の方から「学校正門前の13小通りを車がスピード上げて登校時に通るのでとても危ない」とのお声を受けて実施したものです。日頃からボランティアで学校周辺に立って頂いている関係者の方々をはじめ立ち番の保護者の方とも意見交換を行うことができました。今後、市内の他校で設置しているドライバーへの「注意喚起看板の設置」も含めて改善提案を行って参ります。(写真:当日の様子)002003001

平成31年2月8日(金)14時~府中の森芸術劇場にて「第57回東京都市議会議員研修会」が「東京の自治と市議会の役割」と題して東京大学名誉教授の大森先生をお迎えして開催されました。先生は「自治体」に関する多くの著書も執筆されており、幅広い経験と深い知見から議員一人一人に大変重要なメッセージを幾つか発信されました。議会の承認なくして自治体の予算の執行はできないという議決機関としての役割と重み。執行機関の長としての首長に対する議員としての政治姿勢。最後に会派政治に対する示唆。議員としての合意点を見い出す努力。先生が最後に語られた「合意形成のための妥協は決して敗北ではない。それは勝利であると受け止めるべきである」とのお話が心に響きました。(写真:講演をされる大森先生と会場外の公園の様子)011013

平成31年2月7日(木)18時~小平市福祉会館市民ホールにて「小平商工会」新年賀詞交歓会が盛大に開催されました。平成31年度の新規加入事業所も多く、会社の紹介を自信を持ってされていた姿がとても印象的でした。小平に新しい力が吹き込まれることは、商工会にとっても市民にとっても喜ばしいことです。この1年、市内の商工業の発展に微力ながら尽力して参ります。(写真:挨拶される鈴木会長)010

平成31年2月7日(木)13時~小平市役所にて小平市議会主催の議員研修会が開催されました。研修のテーマは「新公会計制度について」公益財団法人地方自治総合研究所研究員の菅原敏夫先生より講義を頂きました。総務省が「地方公会計は、現金主義会計による予算・決算制度を補完するものとして、現金主義会計では見えにくいコストやストックを把握することで中長期的な財産運営への活用の充実が期待できるため、各地方公共団体において、その整備を推進していくことが極めて重要であると考えています」と示した通り、地方公共団体の固定資産をどう評価するかが大きなポイントとなります。この評価方法によって固定資産の額が大きく変動してきます。もともと地方公共団体では、固定資産に関して取得の経緯、取得原価、耐用年数、現存の確認、価格評価の方法など、一般企業と異なりこれまでの経験が及ばないことが多く、その評価額の信頼性を得るには少しの時間が必要だと感じました。全国の基礎自治体の評価額を横ならびで比較参照できるレベルに達する日が1年でも早く到来し本当の意味で「公共施設マネジメント」の判断に資する公会計制度になることを望みます。(写真:当日配付の資料の表紙)004

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp