平成31年1月16日(水)午前中、小平市議会「都市基盤整備調査特別委員会」として東村山駅周辺の道路と鉄道の連続立体交差事業を視察して参りました。市の担当職員の方から事業の概要説明を受け、市役所周辺と東村山駅周辺の工事状況を視察致しました。本事業は東村山駅を中心とした約4.5Kmの区間で実施され、踏切が5ヶ所除却され、合わせて道路の整備とまちづくりが同時に行われています。事業推進の分岐点はやはり平成16年6月に東京都の踏切対策基本方針の中で「鉄道立体化の検討対象区間」に選定されたことです。総事業費が714億円。市の負担割合が13%。残りは国と都そして鉄道事業者となります。市としては計画的に基金として事業予算を確保することにご苦労されていると伺いました。事業が計画通り無事故で進捗することを望みます。(写真:視察当日の様子)004005007019034

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp