バックナンバー 2019年 1月

平成30年12月中旬、小川西町地域の挨拶まわりの中で、「小川西町2丁目都営住宅6号棟北側の野火止通りに信号機の設置してある横断歩道周辺が暗く、夜、車を運転している時、歩行者の発見が遅れてとても危ない。何とか改善してもらいたい」との要望を頂く。早速、夜間に現場に立って自分の目で確認。また自家用車で現場を運転してみると「やはり、暗く、見えにくい」ことを確認。市の担当課に横断歩道周辺を照らす街路灯の設置を要望。平成31年1月20日に横断歩道近くの電柱への街路灯の新規設置を確認。また1月30日に通電されて点灯されていることを確認致しました。今後も現地の様子を確認して参ります。速やかに設置頂きました、市の担当課の対応に感謝申し上げます。(写真:1月8日撮影、未設置の状態、1月20日電柱に街路灯の設置を確認。1月30日街路灯の点灯を確認)
022006007068071

平成30年10月1日の台風24号の強風の影響で「栗の木公園」の大木が倒れしばらくの間公園も閉鎖されました。その後速やかに大木の除去はされたものの、残った根の除去が残っており地元の自治会の皆さんが、危険箇所をひもで囲って頂いておりました。市に今後の対応を依頼していたところ「公園の砂地の場所への植樹は困難。抜根して広く公園を利用してもらう方向で決定」とのご連絡を頂く。1月27日に現地で抜根対応が実施されていることを確認致しました。安心して公園が広く使えるようになりました。担当課の対応に感謝致します。(写真:抜根前の様子。1月27日、抜根後の公園の様子)016020016

平成31年1月20日(日)地域の挨拶まわりの中で「市立小川なかよし公園のカラス対策ネットが経年劣化で破損して困っている」とのお話を伺う。よくお聴きすると「以前、黄色のネットがカラス対策として有効だということで市で試験的にネットを設置して頂いた」とのこと。「家庭ごみの戸別収集スタートまでまだ2ヶ月以上あるので修繕してもらいたい」との要望もあり市に相談。1月23日には、現地で修繕が実施されたことを確認致しました。市の速やかな対応に感謝です。住民の方から「これで安心してごみ出しできます」との喜びの声をいただきました。(写真:1月20日の様子、1月23日修繕後の様子)002004

平成31年4月1日から小平市では「家庭ごみの有料化・戸別収集」がスタートします。私も近隣の挨拶まわりの中で気をつけている事のひとつに「ごみの不法投棄」があります。3・3・3号線沿いの未使用の「ごみ集積所」への不法投棄を1月19日(土)に発見。21日(月)に市の担当課に連絡。23日には現地で撤去を確認致しました。ごみの不法投棄は犯罪です。「東京1 美しい街小平」を目指している私にとっては許せない行為です。放置すると次の不法投棄が増えます。市の速やかな対応に感謝します。(写真:不法投棄の様子、撤去後の様子)022004

平成31年1月10日(木)15時~小平都市計画道路3・4・23号線(第十二小学校東側道路)と小平都市計画道路3・3・3号線の丁字路の信号機設置工事が始まりました。17日(木)・18日(金)の2日間かけて7本の信号機用の支柱が現地に立ちました、しばらく基礎のコンクリートが固まる期間が必要です。今後、3・4・23号線を渡る横断歩道が「ひまわりばたけ」さん前にも設置されます。工事の無事故を見守って参ります。(写真:1枚目17日の様子、2枚目は18日の様子7本の支柱が立ちました)031010

平成31年1月19日(土)15時~警視庁小平警察署の4階道場にて「平成31年武道始式」が開催され、お招きを頂き参加させて頂きました。柔道、剣道の試合、合気道演武、日本剣道形と日頃の鍛錬の成果を大いに発揮された武道始式となりました。本年も市民の「安全・安心」の為の活動を何卒宜しくお願い申し上げます。私も小平交通安全協会の一員として、また日常の見守り活動を通じて微力ながら貢献して参ります。(写真:当日の様子)027029032

平成31年1月17日(水)15時30分~小平市小川西町5丁目にある「小平市立障がい者福祉センター(たいよう福祉センター)」を小平市議会公明党議員団で視察致しました。本センターは、昭和60年5月1日、心身障がい者・児の福祉の推進のため開設。平成18年度からは社会福祉法人小平市社会福祉協議会が管理運営を行っています。今回の視察はセンターの概要の説明を受けた後、児童発達支援事業を行っているあすの子園を中心に視察を行い将来の「児童発達支援センター」の本施設への設置を視野に様々意見交換を行いました。受け入れて頂きました職員の皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:当日の様子)KIMG0522KIMG0517KIMG0512

平成31年1月17日(木)小平市「上水新町新町地域センター公園」東側丁字路に「危険 この場所一時停止!」の交通注意喚起看板が設置されていることを確認致しました。当該丁字路は立川方面から北の玉川上水通り出る時は、止まることになっていますが、完全な停止状態ではなく減速程度で丁字路に進入してくる車両があり「とても危険だ」との「声」を頂いておりました。平成30年12月の市議会定例会で当該丁字路の危険性を訴え、対策を要望しておりました。丁字路に進入してくる車両の一旦停止は必須です。ドライバ―の皆さん交通ルール厳守でお願いします。(写真:設置された交通注意喚起看板)012020

平成31年1月17日(木)小平市上水新町1丁目の玉川上水通りに「注意 幼稚園あり 飛び出し注意!」の注意喚起看板が設置されていることを現地で確認いたしました。当該地は小川橋に近く、20Kmの指定速度が設定されているもののスピード上げて進行方向先の小川橋の青信号めざして走りぬけるドライバーが多く近隣住民の方からも「幼稚園もあるし、私たちが歩いていても危ない。何とかして欲しい」とのお声を多く頂戴しておりました。平成30年12月の市議会定例会でも、交通安全対策を行うべきであると訴えておりました。市の担当課の対応に感謝申し上げます。ドライバーの皆さん指定速度順守でお願いします。(写真:現地の様子)009011

平成31年1月16日(水)午前中、小平市議会「都市基盤整備調査特別委員会」として東村山駅周辺の道路と鉄道の連続立体交差事業を視察して参りました。市の担当職員の方から事業の概要説明を受け、市役所周辺と東村山駅周辺の工事状況を視察致しました。本事業は東村山駅を中心とした約4.5Kmの区間で実施され、踏切が5ヶ所除却され、合わせて道路の整備とまちづくりが同時に行われています。事業推進の分岐点はやはり平成16年6月に東京都の踏切対策基本方針の中で「鉄道立体化の検討対象区間」に選定されたことです。総事業費が714億円。市の負担割合が13%。残りは国と都そして鉄道事業者となります。市としては計画的に基金として事業予算を確保することにご苦労されていると伺いました。事業が計画通り無事故で進捗することを望みます。(写真:視察当日の様子)004005007019034

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp