党員・支持者の皆さまが「小平市の子どもたちや高齢者の方が安心して暮らせる街へ」との想いで通学路や公園などに防犯カメラの設置拡大を目指して11月1日~23日までの期間、市内を署名に歩いて頂きました。何とその数、56,716人、小平市の人口が11月1日現在、193,491人ですから人口比29.3%。小平市の過去の署名では最高の数字だと思います。小平市議会公明党議員団で11月26日は都庁を訪問し多羅尾副知事に防犯カメラ設置の署名をお渡しし予算措置要望を行って参りました。また翌27日は小平市長に署名をお渡し、設置に向けた要望を行って参りました。平成30年度末で市内の全小学校19校に各5台、計95台の防犯カメラの設置が完了します。今後は中学校通学路、危険な公園等を中心に設置拡大を実現して参ります。党員、支持者の皆さま、また署名にご協力頂きました全ての市民の皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:11月26日都庁を訪問し多羅尾副知事に要望、翌27日小平市長に要望)0060072018.11.26都庁副知事IMG_20181127_151530

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp