バックナンバー 2018年 9月

平成30年9月21日(金)秋の全国交通安全運動(期間:9月21日~30日)が始まり、午前7時30分より小平警察署にて出動式があり小平交通安全協会の一員として参加致しました。署長訓示の中で「9月は日没の時間帯の変化が激しい時にあたるため、18時から20時の事故の発生が多く、また小平市内では自転車の関連する事故が4割を占めており、防止には反射材等の着用が有効である等」のお話がありました。5つの運動重点項目が少しでも市民の皆さんに徹底される様、運動して参ります。(写真:訓示される広瀬小平警察署長、川窪小平交通安全協会会長、当日の様子)008010015023004

平成30年8月下旬、市内小川西町2丁目在住の市民の方から「小川西町2丁目都営住宅北側の野火止通りの歩道の植栽の繁茂が激しいのでせん定してもらいたい」との要望を頂きました。早速現地を確認。歩道の植栽の管理担当が東京都住宅供給公社であることを確認し植栽のせん定を依頼。9月17日現地を確認したところせん定が終了しており道路から歩道の見通しもよくなりました。担当頂きました関係者の皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:9月9日撮影、せん定前の様子、9月17日撮影、せん定後の様子)033014

平成30年9月16日(日)午前9時~「秋の市民交通安全教室」が小平市小川町1丁目の新東京自動車教習所にて開催されました。当日は市内の子ども達と保護者の方また高齢者の皆さんにプラスして多摩地域各地から二輪ライダーの方さらに警視庁騎馬隊の皆さんも騎馬2頭と共に参加して頂きました。秋の全国交通安全運動が9月21日(金)から始まる前の絶妙のタイミングでの交通安全教室となりました。広瀬署長より「9月は1年の中で最も日没の時間差が激しい月になり18時~20時までの事故の件数が多く発生するため、歩行者、自転車の方は反射材の着用が有効だ」とのお話がありました。(写真:挨拶される広瀬小平警察署長、川窪小平交通安全協会会長、当日の様子、騎馬隊と筆者)007013049052053058061066067

平成30年7月下旬、小平消防署小川出張所近隣の市民の方から「消防署前の交差点に歩道と車道に段差があり補助車を利用されている高齢者の方やベビーカーを使用されているお母様方が通行に困っておられる」とのお話を頂く。早速現地を確認後、市の担当課に相談。青梅街道は都道でもあり市から都に要望して頂いたところ9月12日にUD(ユニバーサルデザイン)ブロックが交差点に設置されていることを確認致しました。地域の方から「段差が解消され安心して楽に通れるようになりました」との喜びの声を頂きました。速やかに対応頂きました市と都の担当課に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:9月12日撮影、新規に設置されたUDブロックの様子)009014

平成30年8月下旬、市内小川町1丁目の地域まわりの中で「家の前を流れる小川用水の草の繁茂の手入れと進入防止柵がないところがあるので設置してもらいたい」との2点の要望を頂く。現場を確認後、市の担当課に相談。9月12日に現地の草刈りの実施と進入防止の柵が設置されていることを確認致しました。速やかな市の対応に住民の方も喜んでおられました。感謝申し上げます。(写真:8月29日撮影の様子、9月12日撮影、単管パイプが設置され下草刈りが終了した現地の様子)017017018

平成30年7月に小平市栄町2丁目にある「栗の木公園」の「ベンチを日陰になる場所へ移動」して頂いた内容を9月9日(日)付の公明新聞(東京版)に掲載して頂き、とても嬉しく思います。取材当日は近隣の同公園を利用される市民の方と日陰に設置されたベンチのもとで記念のカメラに収まりました。市の担当課の速やかな対応に地域に喜びの輪が広がっています。関連記事は本ブログの7月30日に掲載。(写真:9月9日公明新聞記事、取材当日9月3日の写真)041002

平成30年9月9日(日)10時~小平市小川西町5丁目にある「たいよう福祉センター」にて「第34回たいようセンターまつり」が秋晴れの中賑やかに開催されました。障がいのある方もない方もお互いに協力しながら当日を迎えられたと伺いました。参加された皆さんの輝く笑顔がとても印象的な「たいようセンターまつり」となりました。晴天に恵まれ本当に良かったです。運営を担当頂きました全ての関係者の労に感謝申し上げます。(写真:開会式で挨拶される社会福祉協議会の金子会長、作品の様子、入口案内版で筆者)018007020

平成30年9月5日(水)小平市議会定例会にて日頃より地域の皆様から頂いた課題の早期解決を目指し一般質問を行いました。内容は小平市の公式ホームページ→小平市議会→「本会議の動画配信サイト」で視聴できます。

質問内容

質問1 南西部地域周辺の交通安全対策と道路整備を問う 

市南西部地域周辺の交通安全対策と道路整備について日頃より地域の皆様より頂いているご意見・ご要望をもとに以下改善を目指し質問致します。

1 小平都市計画道路3・3・3号線と3・4・23号線の丁字路には、現在信号機が設置されていません。本年3月より該当の丁字路には民間バス2路線の運行も始まっています。小・中学校の通学路にも指定されており朝夕の通勤・通学の時間帯も含めて一定の交通量があり、早期に信号機を設置して交通安全対策をはかるべきと考えるが市の見解を伺う。

2 本年7月30日よりコミュニティタクシー鷹の台駅西側ルートの実証実験運行が開始されました。コミュニティタクシーのルートにもなってもいる「五中通り」の雨の日の水溜り対策についてルート部分だけでも先行して早期に実施すべきと考えるが市の見解を伺う。

3 小平都市計画道路3・4・23号線の都立小平西高校周辺道路と「こぶし通り」の小川西グラウンド西通りから富士見通りにいたる区間の道路で周辺の工事に伴うと考えられる大型車両が一時待機場所として駐車使用していることに対する市の見解を伺う。

4 小平都市計画道路3・4・24号線の小川橋から青梅橋にいたる未整備区間の現状の進捗状況と推定される完成年度について市の見解を伺う。

質問2 さらなる防災教育の推進と防災対策の実施で市民の命を守ろう

いつ発生してもおかしくないと言われている首都直下地震等の災害の発生に備え防災教育の推進と防災対策の実施は今後ますます重要になってくると考え以下質問致します。

1 東京都の都民防災教育センターは都内に3館あります。本市から最も近くは「立川防災館」になります。市や地域の自主防災組織等の防災訓練ではなかなか体験できない「防災ミニシアター」や「煙体験室」等の設備がある体験型施設となっており、本市の小・中学校の児童・生徒の防災教育の場として大いに活用すべきと考えるが市の見解を伺う。

2 本年6月18日に発生した大阪府北部地震の教訓を踏まえ、小・中学校の通学路の安全点検については交通安全や防犯の視点から既に実施していますが、それにプラスして「防災の視点」から公共施設のブロック塀等に加え民地のブロック塀等の危険箇所についても点検項目とし、早急に実施すべきと考えます。その上で安全性に問題がある場合は、市の担当職員や専門家による耐震診断を行い、改善に一定の時間を要する場合は通学路の変更を検討する等の方法で、児童・生徒の登下校の安全確保をはかるべきと考えるが市の見解を伺う。

3 本年6月15日から7月13日の期間で中央公民館主催で平成30年度防災・生活安全講座「みんなで考える防災講座」が5回開催され市民の方が16名参加されたと伺っております。毎年、本防災講座は「とても防災に役立つ」と参加者に好評です。そこで本防災講座により多くの市民の方が参加され充実した防災教育が進むよう、今後の講座内容と周知・啓発方法について伺う。

質問3 生活困窮者自立支援法等改正法成立後の市の取り組みについて

平成30年6月1日「生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案」が公明党等の賛成多数で国会において可決・成立致しました。「生活困窮者自立支援法」は平成27年4月に施行され、本市においても同年4月「小平市生活困窮者自立相談支援員設置要綱」を策定、自立相談支援事業を小平市社会福祉協議会に委託し、福祉会館に「こだいら生活相談支援センター」を開設し事業を推進してきたところであります。法の改正の趣旨を受け、市の現状と課題また今後の対応を確認したく、以下質問致します。

1 現状の主任相談支援員、相談支援員、就労支援員の配置状況を伺う。

2 自立支援制度では周囲に頼れる人がいないなどの「社会的孤立」にある人も支援対象であることが明示されました。また地方自治体が困窮者への自立相談支援に加えて就労に必要な基礎能力を身に付ける就労準備支援、自力で家計管理ができるようにする家計改善支援の各事業を一体的に行う場合は、本年10月から国の財政支援が拡充されます。そこで現状の取り組み内容と今後の対応について伺う。

3 今後、就労機会の拡大を目指しハローワークや東京都との取り組みにプラスして小平商工会をはじめ市内の一般企業との連携また隣接市との広域連携に取り組むべきと考えるが市の見解を伺う。

以上3件を解決を目指し質問致しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成30年7月19日、市内小川町1丁目の市民の方から「美大通りのSの字カーブ箇所で歩道西側の植栽が高く車からの前方視界が悪い。何とか改善してもらえないか」とのお話を頂く。早速現地を確認。武蔵野美術大学内の植栽であることから、市の担当課から大学に要望して頂きましたところ8月31日に植栽のせん定が実施されており見通しもよくなっていることを確認致しました。市の道路課、武蔵野美術大学の対応に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:7月19日撮影の現地の様子4枚、8月31日撮影の現地の様子4枚)087088096093006007008009
 

平成30年8月30日(木)市内小川町1丁目の高齢者の方から「隣の空き家にハチが巣を作り庭にもハチが飛び交っており怖くて庭に出れない」との相談を受ける。早速現場を確認。空き家に足を一歩も踏み込むことなく、殺虫剤とトングで駆除対応。本来であれば、空家の管理者に連絡し対応してもらうべきところですが、急を要するため自宅にある道具で対応しました。(写真:洗濯ネットをかぶり駆除する筆者)016017019020

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp