平成30年6月30日(土)13時~党本部にて「公明党東京都本部 介護・医療対策本部」主催(本部長、高倉良生都議)の第3回勉強会に参加致しました。本年度3回目となる介護・医療の勉強ですが、今回は「100万人訪問・調査運動」を実践して臨んだ勉強会でしたので本当によく理解することができました。講師の先生方もよく理解できる様、分かりやすくお話頂いたことに感謝申しあげます。また情報提供頂きました、一般の畳、フローリングと比較して、すべりにくく、つまづきにくい衝撃緩和型の畳が介護保険適用の対象となったとの画期的な情報提供もありました。因みに介護保険活用で本人負担が1割程度で購入ができるとのお話でした。早速、小平市での状況を確認したいと思います。(写真:東京都在宅療養支援診療所連絡会の会長であり医師の新田國夫先生、高齢者住宅・銀木犀(ぎんもくせい)を運営、㈱シルバーウッド 下河原忠道代表、挨拶される高木美智代厚生労働副大臣)

015040055

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp